現在の位置 :

今日は何の日?一覧へ

7月23日  国内で1時間降水量最大を記録した日

雨雲

 7月23日は「国内で1時間降水量最大を記録した日」です。

 昭和57年(1982年)7月23日、長崎県長浦岳で一時間に153ミリメートルの雨が降りました。平成11年(1999年)10月27日に千葉県の香取で記録されたものと並び、最大1時間降水量の第一位です。
※自治体による記録では上記と異なる観測結果もあります。

 時間雨量153ミリメートルの雨といえば、50センチメートル×50センチメートルの枠の中に立つ自分の上から1時間に38リットル以上の水が降り注ぐことになります。これは普通の大きさのバケツ約4杯分の量です。まさに「バケツをひっくり返したような」という表現通りの土砂降りですね。

 気象庁の分類では、時間雨量80ミリメートル未満は、「弱い雨」(3ミリメートル未満)から「非常に強い雨」(50ミリメートル以上80ミリメートル未満)まで5つに分けられますが、80ミリメートル以上になると「猛烈な雨」として一つの区分にまとめられてしまいます。153ミリメートルという1時間降水量がいかに激しいものであったかをうかがわせます。

一覧へ