現在の位置 :

今日は何の日?一覧へ

7月10日  納豆の日

 7月10日は「納豆の日」です。

 納豆の日は、「なっ(7)とう(10)」の語呂合わせから、関西納豆工業共同組合が関西における納豆の消費拡大のため、昭和56年(1981年)に関西地域限定の記念日として定めました。その後、全国納豆共同組合連合会が平成4年(1992年)に改めて7月10日を「納豆の日」と決めたことで全国的な記念日になりました。

 近畿地方では、納豆を食べる習慣はあまりないと言われていますが、実際はどうなのでしょうか。地方別の納豆の消費に関して統計調査の結果を見てみましょう。

 総務省統計局の家計調査結果によると、1世帯当たりの納豆の支出金額(平成28年)は、東北地方が5,147円と最も高く、次いで関東地方が4,455円と続きます。一方、沖縄地方は2,210円と全国で最も低く、次いで四国地方が2,412円、納豆の日が考案された近畿地方は2,871円と三番目に低くなっています。最も高い東北地方の支出金額は、近畿地方の約2倍です。


地方別1世帯当たり納豆の支出金額(平均)(平成28年)

出典:家計調査年報(家計収支編:二人以上の世帯)平成28年(総務省統計局)


 グラフでは、納豆を食べる習慣があまりないと言われている近畿地方を含む西日本側の地域では、実際に全国平均よりも支出金額が低いということが一目で分かりますね。

 このように、統計調査の結果によって地域ごとの消費の傾向をとらえることができます。

一覧へ