現在の位置 :

今日は何の日?一覧へ

6月23日  沖縄慰霊の日

 6月23日は「沖縄慰霊の日」です。昭和20年6月23日に沖縄戦の組織的戦闘が終結したことにちなんで、沖縄県が記念日に定めました。

 沖縄戦は昭和20年3月26日に始まり、約3か月にわたって激しい戦闘となりました。この戦闘で亡くなった日本兵及び一般住民の方々は、一般住民約10万人を含め約20数万人といわれています。
 昭和15年の国勢調査では沖縄県の人口は約57万5000人でした。つまり、当時の沖縄県民の内、2割弱の人が亡くなったと推測されます。

 本土復帰前の昭和36年に休日となりましたが、本土復帰後はしばらくの間休日ではなくなりました。その後平成3年に沖縄県の自治体が休日条例で慰霊の日を休日と定めたことによって正式な休日となり、この日は国の機関以外の役所・学校等は休みになります。

 そんな大変な悲劇を経験した沖縄県、県庁所在市の那覇市について、さまざまな統計データを見てみましょう。


人口増加率(単位:%)
都道府県 平成29年 平成28年 平成27年 平成26年 平成25年
東京都 0.73 0.80 0.87 0.68 0.53
埼玉県 0.28 0.32 0.27 0.23 0.14
沖縄県 0.26 0.40 0.56 0.40 0.44
愛知県 0.24 0.32 0.26 0.17 0.21
千葉県 0.16 0.21 0.22 0.08 -0.04
神奈川県 0.15 0.20 0.26 0.19 0.13
全国 -0.18 -0.13 -0.11 -0.17 -0.17

出典:「人口推計結果(平成29年10月1日現在)」(総務省統計局)


さとうきびの収穫量(単位:t)
都道府県 平成29年産 平成28年産
沖縄県 768,900 937,800
鹿児島県 528,500 636,500
全国 937,800 1,574,000

出典:「作物統計結果」(農林水産省)


 沖縄県の人口増加率は年間0.26%(平成29年10月1日)と、東京に次いで3番目に高くなっています。また、「さとうきび」の栽培が盛んで収穫量が全国で最も多く、平成29年は約77万トンとなっています。


「かつお節・削り節」への支出金額及び購入数量
支出金額(円) 購入数量(g)
那覇市 3,378 那覇市 1,518
高知市 1,522 高知市 429
静岡市 1,322 京都市 412
浜松市 1,278 静岡市 361
津市 1,209 浜松市 337
全国 932 全国 260

出典:「家計調査結果(二人以上の世帯:平成27〜29年平均)」(総務省統計局)


魚介の缶詰への支出金額(単位:円)
金額
那覇市 5,734
新潟市 4,031
長野市 3,431
福島市 3,237
横浜市 3,094
全国 2,535

出典:「家計調査結果(二人以上の世帯:平成27〜29年平均)」(総務省統計局)


 那覇市は1世帯当たりのかつお節の平均購入数量が(全国の県庁所在地と政令指定都市の中で)最も多い都市であり、年間1,518g(平成27年〜平成29年平均)となっています。また、魚介の缶詰に支出する金額も年間5,734円となっており、かつお節と同じく、全国で最も多い都市になっています。


一覧へ