現在の位置 :

今日は何の日?一覧へ

6月22日  ボウリングの日

 6月22日は「ボウリングの日」です。文久元年(1861年)6月22日、長崎で発行された英字新聞にボウリング場の新装開店の告知が掲載されました。このボウリング場が日本で最初のボウリング場であると思われるため、社団法人日本ボウリング場協会が昭和47年(1972年)にこの日を「ボウリングの日」と定めました。

 近代的なスポーツのイメージがあるボウリングですが、実は江戸時代の末期には長崎の出島を通じて日本に入ってきていたようです。昭和45年(1970年)前後には、女子プロ選手の活躍などをきっかけに、社会的なブームにもなりました。 男女や年齢を問わず、あまり経験のない人でも楽しめるスポーツですので、みなさんもきっと何回かボーリング場に行ったことがあるのではないでしょうか。

 今回は「ボウリングの日」にちなんで、総務省統計局の平成28年社会生活基本調査結果から、ボウリングについてのデータを見てみましょう。


「スポーツ」の種類別行動者率(平成23年、28年)

注)行動者率が3%以上の種類を表章
出典:「平成28年社会生活基本調査結果」(総務省統計局)


 上のグラフは、平成23年と28年の「スポーツ」の種類別行動者率を表したものです。平成28年の一年間のボウリング行動者率(ボウリングを行った人の割合)は12.7%となっており、運動の中で「ウォーキング・軽い体操(41.3%)」「器具を使ったトレーニング(14.7%)」に続いて3番目に高い割合になっています。他方で、ボウリングをした人の年間の平均行動日数(ボウリングをした日数)は、他の運動の平均行動日数の中で最も低い5.7日となっています。この結果から、ボウリングは限られた愛好家だけのものではなく、年に数回の娯楽として人々の間に広まっていることが垣間見えます。


一覧へ