現在の位置 :

今日は何の日?一覧へ

6月14日  世界献血者デー

 6月14日は「世界献血者デー」です。献血者に感謝するとともに、輸血用血液の世界的な需要が高まる中で、献血活動に協力するボランティアに敬意を表し、その活動を広く認識してもらう日です。

 「世界献血者デー」は、国際献血者デー(平成7年(1995年))と世界保健デー(平成12年(2000年))を経て制定され、平成16年(2004年)が第1回目となりました。その後、平成17年(2005年)には世界保健総会決議(WHA58.13)において記念日として承認されました。この決議は、血液の安全に関わる国際機関や団体に対して、「世界献血者デー」を推進し協働して支援を行うように要請しています。

 なお、6月14日には、ABO式血液型を発見し、ノーベル生理学・医学賞を受賞したカール・ラントスタイナーの誕生日という特別な意味があります。

 「世界献血者デー」にちなんで、年代別・男女別献血者数を見てみましょう。

年代別・男女別献血者数(平成29年累計)

出典:「平成29年血液事業統計資料〜血液事業の現状〜」(日本赤十字社)

 各世代とも女性より男性の方が多く、年代別に見ると、男女共に40歳代が最も多くなっています。


一覧へ