現在の位置 :

今日は何の日?一覧へ

3月27日  さくらの日

 3月27日は「さくらの日」です。

 平成4年 (1992年)に、日本さくらの会が我が国の歴史や文化、風土と深くかかわってきた桜をとおして、日本の自然や文化について、国民の関心を高めることを目的に定めました。

 さくらに関しては、気象庁が毎年開花の観測を行っています。さくらの開花日とは、標本木で5〜6輪以上の花が開いた状態となった最初の日をいいます。では、実際に開花日がどうなっているか見てみましょう。


さくらの開花日の等期日線図(1981〜2010年)

出典:気象庁ホームページ


 観測の対象は主にそめいよしのです。そめいよしのが生育しない地域では、ひかんざくら、えぞやまざくらが観測されています。

 ひかんざくらの開花は沖縄地方・奄美地方で1月中旬頃に始まります。そめいよしのの開花は3月下旬に九州地方、中国地方、四国地方、近畿地方、東海地方南部、関東地方南部を結ぶ地域、4月10日には北陸地方、関東地方北部、東北地方南部を結ぶ地域に達します。その後、東北地方北部を北上し、5月中旬に北海道地方北部・東部まで達します。

 ちなみに、気象庁ホームページの「生物季節観測の情報」では、全国のどの場所でさくらが開花しているか確認することができます。それを見て、「お花見」に出かけてみてはいかがでしょうか。


一覧へ