現在の位置 :

今日は何の日?一覧へ

3月22日  世界水の日

 3月22日は「世界水の日」です。

 平成4年12月に開催された国連総会本会議において、平成5年から毎年3月22日を「世界水の日」とすることが決議されました。この日は、水資源の開発や保全に関して普及啓発を行う日とされています。

 世界水の日にちなんで、水道の年間給水量と1日最大給水量の推移を見てみましょう。


水道の年間給水量と1日最大給水量の推移(昭和50年〜平成26年)

出典:水道資料室 日本の水道の現状(公益社団法人日本水道協会)
※年間給水量は上水道、簡易水道及び専用水道の計。1日最大給水量は上水道のみ


 図には掲載されていませんが、年間給水量のピークは平成9年の170.62億立方メートルで、平成26年には151.54億立方メートルとなっています。近年の節水意識の高まりを反映してか、年間給水量、1日最大給水量ともに減少しています。


(参考)水の使い方について「節水している」と答えた人の割合

出典:節水に関する特別世論調査、水循環に関する世論調査(内閣府)


 節水は地球環境のために貢献できる活動の一つと言われています。皆さんも、これを機会に、ご自身の水の使い方について考えてみてはいかかでしょうか。


一覧へ