現在の位置 :

今日は何の日?一覧へ

3月19日  ミュージックの日

 3月19日は「ミュージックの日」です。

 「音楽の日」を社会に定着させることを目的として、319(ミュージック)の語呂合わせから、音楽関係者の労働団体・日本音楽家ユニオンが平成3年(1991年)に3月19日を「ミュージックの日」としました。

 そこで、音楽CDと音楽のダウンロードに関するデータをみてみましょう。

 日本レコード協会によると、音楽CD(8cmと12cm)の生産枚数の推移は、昭和59年(1984年)以降増加傾向にありましたが、平成10年(1998年)の457万枚をピークとして減少傾向に転じ、平成28年(2016年)には159万枚となり、ピークの平成10年(1998年)の半分以下に減少しています。

 一方、有料音楽配信でダウンロードされた曲の件数の推移をみると、平成17年(2005年)以降増加していましたが、平成21年(2009年)から減少に転じ、平成28年(2016年)では159万件となっています。


音楽CDの生産数量と有料音楽配信件数の推移

出典:一般社団法人 日本レコード協会


 また、金額の推移をみると、平成28年(2016年)の音楽ソフト(オーディオレコード+音楽ビデオ)総生産は2457億円、有料音楽配信売上は529億円、音楽ソフト生産金額と有料音楽配信売上金額の合計は、前年より29億円減少の2986億円となりました。


音楽ソフト・有料音楽配信金額の推移(億円)(1990年〜2016年)

出典:一般社団法人 日本レコード協会



 このように、統計データからも音楽の購入手段の変化の一端をとらえることができます。


一覧へ