現在の位置 :

今日は何の日?一覧へ

2月14日  バレンタインデー

 2月14日はバレンタインデーです。女の子も、男の子も、ドキドキの一日かもしれませんね。

 恋人たちの日とされるバレンタインデーは、ローマ神話の結婚の女神の祝日やキリスト教の伝説に由来すると言われています。ヨーロッパなどでは、男女を問わず、恋人や親しい人と花やカード、ケーキなどを贈り合う日となっています。

 日本では、昭和30年(1955年)代から40年(1960年)代にかけて、百貨店や製菓会社などが行ったキャンペーンなどをきっかけにバレンタインデーが知られるようになり、次第に女性が男性へチョコレートを贈る習慣が広まったと言われています。

 家計調査から月別のチョコレートへの支出をみると、やはり2月が飛び抜けて高くなっています。さらに2月の日別の支出をみると、14日が近づくにつれて増え、翌日の15日以降は大幅に少なくなっています。バレンタインデー当日に向けて、気分だけでなく、支出の方も高まっていく様子がよく表れています。


「チョコレート」の月別支出金額(平成26年)

2月の「チョコレート」の日別支出金額(平成26年)

出典:「家計調査結果」(総務省統計局)


 このように、一年のうち特定の月・日(その前後)に支出が増えるものとしては、他にウナギ(土用丑(うし)の日)ケーキやテレビゲーム(12月・クリスマス)すし(弁当)(2月・節分)などがあります。


一覧へ