現在の位置 :

今日は何の日?一覧へ

1月31日  生命保険の日

 1月31日は「生命保険の日」です。

 明治15年(1882年)の1月31日に、日本で最初に生命保険の保険金が支払われたことが新聞に報じられました。生命保険の専門家の組織である一般社団法人MDRT日本会が、お客様のために初心を忘れないようにと、1月31日を「生命保険の日」として制定しました。

 「生命保険の日」にちなんで、総務省統計局の平成26年全国消費実態調査結果から都道府県別の生命保険などの現在高を見てみましょう。生命保険などの現在高は、生命保険や損害保険、簡易保険の総額です。ただし、貯蓄性のない掛け捨ての生命保険や損害保険、簡易保険は含まれません。


都道府県別1世帯当たり生命保険などの現在高(二人以上の世帯のうち勤労者世帯)
順位 都道府県 生命保険などの現在高(千円)
1位 島根県 4,450
2位 香川県 4,228
3位 鳥取県 4,148
4位 福井県 4,121
5位 富山県 4,093
・・ ・・ ・・
43位 群馬県 2,585
44位 鹿児島県 2,303
45位 大分県 2,259
46位 青森県 2,148
47位 沖縄県 1,177

出典:「平成26年全国消費実態調査結果」(総務省統計局)


 生命保険などの現在高は、島根県が450万円と最も多く、次いで香川県、鳥取県などとなっています。


一覧へ