現在の位置 :

今日は何の日?一覧へ

1月30日  みその日

 毎月30日は「みその日」です。

 30日が「みそか」と読まれることから、全国味噌工業協同組合連合会が定めています。

 みそは大豆等の穀物を発酵させて作られます。その起源は、中国もしくは、朝鮮半島を経て伝わった「醤(ひしお)」という調味料が日本独自のものに改良されて作り出されたという説、縄文人の生活跡からどんぐりで作ったみそのような食べ物があったことから元々、日本独自のものであったという諸説があります。

 みその種類・作り方は地方ごとに様々で、愛知県等で主に食べられる豆みそ、九州などの麦みそ、その他の地域で食される様々な米みそ等があります。

 お正月に食べるお雑煮も、関西地方の一部では白みそ仕立てのお雑煮が食べられています。

 昔は各家庭でみそが作られ、みんなが自分のみそを「手前(我が家)のみそは…」と自慢しあっていたことから「手前みそ」という表現が生まれるほどでした。

 まさにおふくろの味と言えるみそですが、家計調査結果によると1世帯当たりのみそ購入数量は減少し続けており、昔に比べてみそが食べられなくなっていることが分かります。


1世帯当たりみその年間購入数量(昭和57年〜平成28年)

出典:家計調査結果(総務省統計局)


 一方で海外では、大豆が「畑の肉」と言われるほど豊富にタンパク質を含むことや、近年の日本食ブームなどにより、みそにも注目が集まっています。貿易統計結果によると、日本から海外へのみその輸出量は、増加傾向であることが分かります。


みその輸出数量(昭和57年〜平成28年)

出典:貿易統計結果(財務省)


一覧へ