現在の位置 :

今日は何の日?一覧へ

1月25日  日本最低気温を記録した日

温度計のイメージ

 1月25日は「日本最低気温を記録」した日です。

 明治35年(1902年)1月25日、北海道の上川測候所(現在の旭川地方気象台)で氷点下41.0度の日本最低気温※が記録されました。これは富士山頂の記録(氷点下38.0度、昭和56年2月27日)よりも低い温度です。

 日本の山岳史上最悪の遭難事件が起こったのも、明治35年のこの日のことです。青森県の八甲田山(はっこうださん)で冬期行軍訓練を行っていた210名の青森歩兵第5連隊が猛吹雪と厳しい寒さの中で次々と凍死し、生き残ったのはわずか11名でした。
この悲劇は後に新田次郎の小説「八甲田山死の彷徨(ほうこう)」で取り上げられ、映画にもなりました。

 各地の気温はこのところ上昇傾向にあるので、この最低気温の記録が更新される可能性は少なくなっていると言えるかもしれません。

※ 気象台・測候所に限らず、観測所の記録まで含めると、昭和6年(1931年)1月27日に北海道上川(かみかわ)支庁の美深(びふか)で観測された氷点下41.5度が国内最低記録となります。


一覧へ