現在の位置 :

今日は何の日?一覧へ

1月24日  全国学校給食週間

 文部科学省では、毎年、1月24日から30日までの一週間を「全国学校給食週間」としています。

 我が国における学校給食が初めて実施されたのは明治22年ですが、戦争のために学校給食が中断されたこともありました。しかし、食糧難による児童の栄養状態の悪化という問題を抱えた日本に、ララ(Licensed Agencies for Relief in Asia、アジア救済公認団体)より給食用物資が寄贈され、昭和22年12月24日より、東京都・神奈川県・千葉県で約25万人の児童を対象に、学校給食が再開されることとなりました。それ以来、12月24日を学校給食感謝の日と定めていましたが、冬休みと重なるため、1月24日から30日までの1週間が「全国学校給食週間」となりました。

 ところで、我が国の児童・生徒数の推移はどうなっているのでしょうか?総務省統計局の「日本統計年鑑」から調べてみましょう。


全国の小学校児童数・中学校生徒数の推移(昭和55年〜平成28年)

出典:日本統計年鑑 第25章 教育(総務省統計局)


 平成12年あたりから、児童数・生徒数ともに緩やかに減少していることがわかります。


一覧へ