現在の位置 :

にほんの家は「ウサギ小屋」?…家

 この前、近所に住んでいるアメリカ人のトムがうちに遊びに来て、「日本の家はどうしてこんなにせまいの?」って言ってたけど、本当かな?ぼくはアメリカに行ったことがないから、アメリカの家の広さは分からないし、どうやったら分かるんだろう?

 ルイ君、そういうときは統計データを見れば分かるって、本間先生が教えてくれたじゃない。さてはルイ君、授業中寝てたなあ〜。世界の国々の家の広さの統計データをさがせばいいはず!
 そうですよね?本間先生!?

 そう。なみちゃんも統計データの使い方が分かってきたようね。統計データをうまく使えば、今まで分からなかったことが分かるようになるのよ。ルイ君も早く使えるようになりなさい。
 ということで、家の広さについては、こんなデータがあるのよ。

1戸当たり平均床面積(平方メートル)

 これは各国の家の広さの平均だな。・・・日本の家ってせまーい!!アメリカの半分もないよ。そりゃあ、トムもせまいって言いたくなるよなあ〜。他の国々も日本よりは広いな。日本の家は世界でもせまい方なんだ。

 やっぱりそうか。日本の家は、むかしは「ウサギ小屋」にたとえられていたしなあ。でも、アメリカはともかく、ヨーロッパの家に比べてせいぜい2割くらいせまいだけじゃないか。まあ、ぼくの家は本当にせまいから、もっと広い家にうつりたいけど。

 わたしの家も広くはないなあ。「いつかお城みたいな広い家に住みたい!」っていつも思うんだけど・・・本間先生、どうして日本の家はこんなにせまいんですか?

 いろいろな理由があるのよ。その一つに東京や大阪といった都会の家の面積がとてもせまいことがあるでしょうね。東京や大阪は土地の値だんが高いから家をたてるのにとてもお金がかかるの。東京だと家の広さは平均で70平方メートルにも届かないのよ。

都道府県別1住宅当たり延べ面積(平方メートル)

 へえ、富山県や福井県の家なら、アメリカの家にはかなわなくても、ヨーロッパの家よりずっと広いじゃないか。でも、東京の家は確かにせまいなあ。

 ヨーロッパの家なんて言わず、ぼくもいつかアメリカの家くらい広い家に住みたいな。よぉーし、プロサッカー選手になって、お金をたくさんかせいで大きな家に住むぞ。さぁ、サッカーの練習だ!!

 ちょっと、ルイ君。サッカーの練習もいいけど、先にすることがあるわよね?し・ゅ・く・だ・い!まさか忘れてないでしょうね?早く出しなさい!

 ・・・は〜い。