現在の位置 :

統計調査で集められた個人や会社の情報はどう扱われるの?

 そうだな。 国の基本になるような統計を作るための統計調査には、ふつう回答する義務があるし、 義務があろうとなかろうと正確な情報が集まらないと必要な統計が作れなくなってしまう。
 だから、個人や会社の秘密に当たるような情報は統計調査の中でとても大切に扱われている。

 調査票には、他の人に知られたくない「秘密」だけが書いてあるわけじゃないんと思うけど。
 前に見た国勢調査の調査票には、家族の名前と男女を書くスペースがあったよ。 何人住んでいるかも含めて、そんなのウチの表札見ればわかるよ。

 ルイ君の家ではそうだな。でも、例えば本間先生みたいな若い女性の場合は、何人で暮らしているかとかだれと暮らしているかとかを他の人に知られたくないかもな。

 そうかもね。人に知られたくない情報かどうか「秘密」かどうかは、人によって違うってことか。

 本間先生が一人暮らしかどうかなんて、ぼくも知らないよ。
 とにかく、秘密かどうかに関係なく調査票に書かれた内容は全部大切に扱われないといけないんだ。 調査票をいいかげんに扱う統計調査なんてだれも回答してくれないだろ。 だから、「統計法(総務省)」っていう法律は、調査を実施する機関に調査票を厳格に管理することを求めているんだよ。