現在の位置 :

「統計」って何?

 あら、意外にいい線いってるじゃない。いま挙げてくれた数字にどんな共通点があるか考えてみるといいわ。

 意外ってどういうことさ。まあいいや。
 さっき言ったような数字は…うーん…何かたくさんのものや出来事を観察して、そこから出てきた数字ってことかなぁ…

 よくできました。ほとんど正解よ。「統計」っていうのは簡単に言えば
「何かの集まりについて、全体の様子を表す数」ということよ。
 ポイントは、「集まり」(集団)の傾向や性質を表すための「数」という点ね。

 「集まり」っていうなら、人とか家とか工場とかそこにあることが目に見えるものじゃなきゃ 「統計」にならないの?
 バッターの打率なんて何を集めたものなのさ?

 「集まり」と言っても、実際に集められるかどうかは関係ないのよ。
数で表せるかどうかが問題なのよ。
 野球の打率はそのバッターがヒットやホームランを打った割合だから、 バッターボックスに立った回数とそのうちヒットやホームランを打った回数を「出来事」として数えればいいの。