現在の位置 :

こども見学デー

「こども霞が関見学デー」(平成30年度)開催のご報告

 8月1日(水曜日)、2日(木曜日)に、子どもたちが夏休みに広く社会を知るためのイベントとして、こども霞が関見学デーを開催しました。

 統計局では、子どもたちに統計に親しんでもらうため、「なるほど統計学園に体験入学しよう!」というブースを出展し、小・中学生向け統計データ検索サイト「キッズすたっと〜探そう統計データ〜」から統計データを探すクイズを実施しました。ブースには2日間で、850名を超える多くの方々にご来場いただきました。

 クイズでは、日本の小学生の数や運動公園数の推移、インターネットを利用している人の割合(国際比較)などの統計データについて、パソコンやタブレットで探してもらいました。初めてパソコンやタブレットを使う子どももいましたが、みんな一生懸命に取り組む姿がとても印象的でした。

統計クイズに挑戦する子どもたち@      統計クイズに挑戦する子どもたちA

「子ども統計プログラミング教室」(平成30年度)開催のご報告

 統計局では、7月26日(木曜日)に、「統計」を身近に感じていただくことを目的として、小学校5〜6年生を対象とした夏休みイベント「子ども統計プログラミング教室」を開催いたしました。

 参加した子どもたちは、ゲームを作成し、自分のゲームスコアの平均の算出やグラフ化などのプログラミングを体験しました。また、インターネットにつないでリアルタイムでのスコアの収集・表示を通じて、IoTを体験しました。

 参加者からは、「自分でもゲームが作れてうれしくて面白かった。」、「今までのプログラミング教室で一番楽しかった。」、「スクラッチなどのできたアプリのプログラミングではなく、PCのプログラミングの基礎が学べた。」等のご意見をいただきました。ありがとうございました。

「IchigoJam BASIC」を入力し、ゲームを作成      参加者のゲームハイスコアをリアルタイムで表示