現在の位置 :

こども見学デー

「こども霞が関見学デー」(令和元年度)開催のご報告

 8月7日(水曜日)、8日(木曜日)に、子どもたちが夏休みに広く社会を知るためのイベントとして、こども霞が関見学デーを開催しました。

 統計局では、子どもたちに統計に親しんでもらうため、「なるほど統計学園に体験入学しよう!」というブースを出展し、小・中学生向け統計データ検索サイト「キッズすたっと〜探そう統計データ〜」から統計データを探すクイズを実施しました。ブースには2日間で、1,000名を超える多くの方々にご来場いただきました。

 クイズに参加した子どもたちには、日本の小学生の数や運動公園数の推移、インターネットを利用している人の割合(国際比較)などの統計データについて、パソコンやタブレットで探してもらいました。初めてパソコンやタブレットを使う参加者もいましたが、みんな一生懸命に取り組む姿がとても印象的でした。

統計クイズに挑戦する子どもたち@      統計クイズに挑戦する子どもたちA

「子ども統計プログラミング教室」(令和元年度)開催のご報告

 統計局では、7月31日(水曜日)に、「統計」を身近に感じていただくことを目的として、小学校5〜6年生を対象とした夏休みイベント「子ども統計プログラミング教室」を開催いたしました。

 参加した子どもたちは、プログラミングソフト「Scratch」と統計データ検索サイト「キッズすたっと〜探そう統計データ〜」を使用し、データの平均値や最大値を計算し、また分布を調べ、二つのデータを組合せるといった分析を体験しました。

 参加者からは、「分析をするのが楽しかった」「普通のプログラミングしかしたことがなかったけれど、統計のプログラミングができて良かった」等の感想をいただきました。ありがとうございました。

「Scratch」を入力しデータを分析@      「Scratch」を入力しデータを分析A