現在の位置 :

こども見学デー

「こども霞が関見学デー」(平成29年度)開催のご報告

 8月2日(水曜日)、3日(木曜日)に、子どもたちが夏休みに広く社会を知るためのイベントとして、こども霞が関見学デーを開催いたしました。統計局では、子どもたちに統計に親しんでもらうため、「なるほど統計学園に体験入学しよう!」というブースを出展し、統計に関するクイズコーナーや「なるほど統計学園」の体験コーナーを設置しました。ブースには2日間で、900名を超える多くの方々にご来場いただきました。

 クイズコーナーでは、展示してあるパネルから出題された統計クイズに回答してもらいました。子どもの割合の各国比較のグラフから一番割合の低い国を探したり、一生懸命に取り組む姿がとても印象的でした。

統計クイズに挑戦する子どもたち      「なるほど統計学園」を体験

「キッズ統計プログラミング」(平成29年度)開催のご報告

 統計局では、7月26日(水曜日)に、「統計」を身近に感じていただくことを目的として、小学生を対象とした夏休みイベント「キッズ統計プログラミング」を開催いたしました。

 参加した子どもたちは、よく回るコマを自分で考え制作するとともに、コマが回っている時間を計測し、その時間の長さを線で表すプログラミングを体験しました。

 参加者からは、「コマを作って回すのがよかった。」、「物を作りながら、プログラミングや統計のことを学べたのでとても楽しかった。」、「今までにプログラミングをやっていたがグラフのやりかたは知らなかったので知ることができてよかった。いろいろな種類のグラフを作ってみたい。」等のご意見をいただきました。ありがとうございました。

どうしたらよく回るコマができるのか考え中      プログラムを作成し、実際にコマを回して実験