年齢3区分別人口の推移と将来推計人口

年齢3区分別人口の推移と将来推計人口
年次 (単位:1,000人)
0〜14歳
(年少人口)
15〜64歳
(生産年齢人口)
65歳以上
(老年人口)
大正 9年 20,416 32,605 2,941
大正14年 21,924 34,792 3,021
昭和 5年 23,579 37,807 3,064
昭和10年 25,545 40,484 3,225
昭和15年 a) 26,369 a) 43,252 a) 3,454
昭和20年 26,477 41,821 3,700
昭和25年 29,786 50,168 4,155
昭和30年 30,123 55,167 4,786
昭和35年 28,434 60,469 5,398
昭和40年 25,529 67,444 6,236
昭和45年 25,153 72,119 7,393
昭和50年 27,221 75,807 8,865
昭和55年 27,507 78,835 10,647
昭和60年 26,033 82,506 12,468
平成 2年 22,486 85,904 14,895
平成 7年 20,014 87,165 18,261
平成12年 18,472 86,220 22,005
平成17年 17,521 84,092 25,672
平成22年 16,803 81,032 29,246
平成26年 16,233 77,850 33,000
平成27年 15,887 76,289 33,465
平成28年 15,780 76,562 34,591
平成32年 15,075 74,058 36,192
平成37年 14,073 71,701 36,771
平成42年 13,212 68,754 37,160
平成47年 12,457 64,942 37,817
平成57年 11,384 55,845 39,192
平成67年 10,123 50,276 37,042
平成77年 8,975 45,291 33,810
平成87年 8,119 40,427 30,018
平成97年 7,262 36,109 27,011
平成107年 6,450 32,512 24,162

出典:総務省「日本の統計 2018」

a) 外国人を除く。