日本の統計の中核機関

  • ご意見・お問合せ
  • サイトマップ
  • 文字サイズ等の変更
  • English

ホーム > 統計資料館 > 統計資料館館内のご案内 > 計算機(統計資料館)

ここから本文

計算機(統計資料館)

PCSは、分類や加減算には機能的に有効でしたが、乗除算に弱いという制約がありました。
このため、主として乗除算により結果表を作成する統計調査の集計業務は、計算道具を用いた人手による製表を行わざるを得ませんでした。
これらの業務はその後、電子計算機で行うようになりましたが、こうした電子計算機導入以前に大きな役割を果たしたものが手動・電動の計算機です。


マーチャント計算機(左端):大正14年に購入されたアメリカ製の手動計算機で、主に乗除算に使用。

ダルトン計算機(中央):アメリカ製の加算印刷機【購入年代不明】

タイガー電動式計算機(右端):昭和3年頃に購入された全自動計算機(S/N 53)で、主に乗除算に使用。


計算機の写真

バック ホーム