日本の統計の中核機関

  • ご意見・お問合せ
  • サイトマップ
  • 文字サイズ等の変更
  • English

ホーム > 統計資料館 > 統計資料館館内のご案内 > 穿孔機(統計資料館)

ここから本文

穿孔機(統計資料館)

パンチカードシステム(PCS:Punched Card System)(PDF:396KB)が我が国に初めて導入されたのは大正9年で、当時の国勢院が米国のホレリス(Hollerith)【後のIBM】式の手動式穿孔機と検孔機各1台を見本的に輸入しました。
その後、大正12年9月には、国勢調査集計用としてパワース(Power's)【後のUNIVAC】式の本格的PCS一式が輸入されました。
統計資料館では、PCS期に統計局で使用されたパンチカード作成機(穿孔機)のうち現存しているものを展示しています。


穿孔機の写真

バック ホーム

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

ページの先頭へ戻る