日本の統計の中核機関

  • ご意見・お問合せ
  • サイトマップ
  • 文字サイズ等の変更
  • English

ホーム > 統計資料館 > 統計資料館館内のご案内 > 川口式電気集計機(統計資料館)

ここから本文

川口式電気集計機(統計資料館)

明治35年に「国勢調査ニ関スル法律」が公布されると政府は、調査結果の効率的な集計を行うためには統計機械が必要と考えそれを国内で開発することとしました。
このため、内閣を通じて逓信省にその開発を打診した結果、同省電信燈台用品製造所技師川口市太郎氏により明治37年人口動態統計調査の集計用として試作されたものが本機です。
機械は、写真右側の分類機と同左側の計盤台とから成り、この両機の接続によって、分類集計を行うとされています。
操作の方法としては、入力用カードを分類機上部の挿入器に入れ、ハンドルを操作してカードを接触器に送り込むと、中にある分類針(送電針と受電針)がカードの穿孔箇所で接触し、それにより電流が通じ計盤台にある時計型の計器の長針が1目盛(1枚分)進む方式となっています。
指針は長針と短針があり、長針は1回転100枚、短針は1回転10,000枚を示し10,000になれば零(0)位に戻ります。調査項目ごとの穿孔されたカードの枚数は、この計盤から読み取れるとともに、 調査項目ごとに分類されたカードはそれぞれ指定のカードボックス(分類棚)に収められる仕組みになっています。
本機は、本機で読み取らせるカードを作成する手動式の穿孔機(亀の子型穿孔機)と併せて、一般社団法人情報処理学会の『情報処理技術遺産』に認定されています。

(明治38年逓信省電信燈臺用品製造所製)


川口式電気集計機の写真

バック ホーム