日本の統計の中核機関

  • ご意見・お問合せ
  • サイトマップ
  • 文字サイズ等の変更
  • English

ホーム > 統計図書館・統計相談 > 統計相談(統計図書館) > 統計データFAQ > 21C-Q01 児童及び生徒の疾病・異常被患率

ここから本文です。

(最終更新)平成29年10月20日

21C-Q01 児童及び生徒の疾病・異常被患率

 文部科学省が毎年実施している「学校保健統計調査(文部科学省) 別ウィンドウで開きます。」により、疾病・異常被患率を男女別、学校段階の年齢別に調べることができます。また、肥満及び痩身傾向児(5〜17歳)については、出現率を調べることができます。

  • 学校段階 : 幼稚園、小学校、中学校、高等学校
  • 疾病・異常の種類 : 裸眼視力1.0未満、難聴、むし歯、肥満傾向、ぜん息、腎臓疾患等

⇒ 学校保健統計調査報告書    年刊

 <問い合わせ先>  文部科学省生涯学習政策局政策課調査統計企画室 TEL:03-5253-4111(文部科学省代表)

バック ホーム