日本の統計の中核機関

  • ご意見・お問合せ
  • サイトマップ
  • 文字サイズ等の変更
  • English

ホーム > 統計図書館・統計相談 > 統計相談(統計図書館) > 統計データFAQ > 19A-Q11 消費水準指数

ここから本文です。

(最終更新)平成29年9月15日

19A-Q11 消費水準指数

 総務省統計局が毎月実施している「家計調査」により、二人以上の世帯の消費水準指数を調べることができます。
 消費水準指数は、世帯が消費する物とサービスの量を示す指標であり、生活水準がどれだけ上がったかを消費の大きさによって測定しようとするものです。
 算出に当たっては、1か月の日数や世帯人員、世帯主の年齢の変動による影響を除去するため、まず月々の1世帯当たりの世帯人員、世帯主の年齢階級別消費支出額を基準年(西暦年の末尾が0か5のつく年とし、5年ごとに改定)の世帯分布で加重平均し、次に1か月を30.4日(365 日÷12か月)の額に換算した上で、基準年を100として指数化し、さらに、消費者物価指数で除して実質化したものです。 

⇒ 家計調査(二人以上の世帯)調査結果    月・四半期・年


 <問い合わせ先>  総務省統計局統計調査部消費統計課審査発表係 TEL:03-5273-1174(直通)

バック ホーム