日本の統計の中核機関

  • ご意見・お問合せ
  • サイトマップ
  • 文字サイズ等の変更
  • English

ホーム > 統計図書館・統計相談 > 統計相談(統計図書館) > 統計データFAQ > 16A-Q09 フリーターの人数

ここから本文です。

(最終更新)平成29年10月13日

16A-Q09 フリーターの人数

 総務省統計局が毎月実施している「労働力調査」(詳細集計)により、若年のパート・アルバイト及び就業希望者の人数を年平均で調べることができます。一般的に使用されているフリーターという用語には厳密な定義が存在していないため、「労働力調査」では、若年のパート・アルバイト及びその希望者のことを、便宜上『フリーター』としています。

  • 若年のパート・アルバイト及びその希望者
    年齢が15〜34歳で、男性は卒業者、女性は卒業者で未婚の者のうち次の者をいう。
    1. 雇用者のうち勤め先における呼称がパート・アルバイトの者
    2. 完全失業者のうち探している仕事の形態がパート・アルバイトの者
    3. 非労働力人口で、家事も通学のしていないその他の者のうち、就業内定しておらず、希望する仕事の形態がパート・アルバイトの者

⇒ 労働力調査年報    年刊

 <問い合わせ先>  総務省統計局統計調査部労働力人口統計室審査発表第一係・就業動向指標第一係 TEL:03-5273-1162(直通)


 なお、厚生労働省は平成3年「労働経済の分析」でフリーターを次のように定義しています。

  • フリーターの定義
    年齢は15〜34歳と限定
    1. 現在就業している者については勤め先における呼称が「アルバイト」又は「パート」である雇用者で、男性については継続就業年数が1〜5年未満の者、女性については未婚で仕事を主にしている者
    2. 現在無業の者については家事も通学もしておらず「アルバイト・パート」の仕事を希望する者

⇒ 労働経済白書(労働経済の分析)(厚生労働省) 別ウィンドウで開きます。    年刊

 <問い合わせ先> 厚生労働省政策統括官付労働政策担当参事官室 TEL 03−5253−1111(内線 7730,7732)

バック ホーム