統計年表 HTML版
統計年表一覧
人物史 年代史 統計史
3050BC頃 ●人口調査(エジプト文明)
3300BC頃 ■メソポタミア文明
3000BC頃 ●土地調査(バビロニア文明)
3000BC頃 ■エジプト文明
2500BC頃 ■インダス文明
2000BC頃 ■中国文明
BC1年頃 ●人口・土地の調査(センサス)実施(ローマ)
14C ■ペスト大流行(ヨーロッパ)
1603 ■徳川家康 江戸幕府を開く(日本)
ジョン・グラント(1620-1674) 1620
1637 ■島原の乱(日本)
ヤコブ・ベルヌーイ(1654-1705) 1654
エドモンド・ハレー(1656-1742) 1656
1657 ●確率に関する史上初の文献
1662 ●生命表 提案
1665 ■ペスト大流行(ロンドン)
1666 ●センサス実施(カナダ(当時のニューフランス))
アブラム・ド・モアブル(1667-1754) 1667
1675 ■グリニッジ天文台設立(英国)
1679 ●『政治算術』発表
徳川 吉宗(1684-1751) 1684
1689 ●大数の法則
1689 ■権利の章典(英国)
1693 ●『人間の死亡率の推計』発表
18-19C ■産業革命
トーマス・ベイズ(1702-1761) 1702
ジェームス・ドドソン(1710-1757) 1710
1713 ●二項分布
1716 ■8代将軍徳川吉宗(日本)
1721 ●全国人口調査 実施(日本)
■目安箱 設置(日本)
1728 ■チベット征服(清)
1732 ■享保の大飢饉(日本)
1733 ●正規分布の確率密度関数
1762 ●エクイタブル社設立
■ルソー『民約論』発表
1763 ●事前分布の概念 導入
■パリ条約
1774 ●ラプラス分布
1776 ■アメリカ独立宣言
ヨハン・カール・フリードリヒ・ガウス(1777-1855) 1777
シメオン=ドニ・ポアソン(1781-1840) 1781
1786 ●棒グラフ・折れ線グラフ
二宮 尊徳(1787-1856) 1787 ■寛政の改革(日本)
1789 ■フランス革命(〜99)
1790 ●センサス実施(米国)
アドルフ・ケトレー(1796-1874) 1796
1798 ●『人口論』発表
1801 ●円グラフ
●センサス実施(英国)
■世界規模でコレラ流行
1804 ■ナポレオン皇帝即位
1805 ●最小二乗法
1809 ●『天体運行論』発表
1812 ●『確率の解析的理論』発表
ジョン・スノウ(1813-1858) 1813
1814 ■ウィーン会議
1816 ●中央値
フローレンス・ナイチンゲール(1820-1910) 1820
エルンスト・エンゲル(1821-1896)
パフヌティ・チェビシェフ(1821-1894)
1821
フランシス・ゴルトン(1822-1911) 1822
レフ・トルストイ(1828-1910)
杉 亨二(1828-1917)
1828
大隈 重信(1838-1922) 1838
1830 ■フランス七月革命
1834 ●王立統計協会 設立
1835 ●『人間について』発表
1838 ●ポアソン分布 発表
1840 ■アヘン戦争
1841 ■天保の改革(日本)
1848 ■マルクス共産党宣言
前田 正名(1850-1921) 1850
呉 文聰(1851-1918) 1851
1853 ●第1回国際統計会議 開催
■クリミア戦争
原 敬(1856-1921) 1856
カール・ピアソン(1857-1936)
後藤 新平(1857-1929)
1857
1859 ●『種の起源』発表
ハーマン・ホレリス(1860-1929) 1860
藤沢 利喜太郎(1861-1933) 1861
森 鴎外(1862-1922) 1862
矢野 恒太(1866-1951) 1866
1868 ■明治維新(日本)
1869 ●相関
高野 岩三郎(1871-1949) 1871 ●太政官正院に政表課 設置
1872 ●戸籍調査 実施(日本)
ウィンストン・チャーチル(1874-1965) 1874
ウィリアム・シーリー・ゴセット(1876-1937) 1876
1877 ●回帰
寺田 寅彦(1878-1935) 1878
1879 ●甲斐国現在人別調 実施
1880 ●東京統計協会 設立
1881 ●統計院 設置
コッラド・ジニ(1884-1965) 1884
1885 ●国際統計協会 設立
●パーセンタイル
■初代総理大臣伊藤博文(日本)
大内 兵衞(1888-1980) 1888
1889 ●日本初の生命表 作成
■大日本帝国憲法公布
ロナルド・フィッシャー(1890-1962) 1890
ウォルター・アンドルー・シューハート(1891-1967) 1891
1892 ●『科学の文法』発表
1894 ■日清戦争(〜95)
1895 ●ヒストグラム
1896 ●積率相関係数(相関係数)
1899 ●ゴセット ギネス社入社
ウィリアム・エドワーズ・デミング(1900-1993) 1900 ●カイ二乗適合度検定 発表
エイブラハム・ワルド(1902-1950) 1902 ●国勢調査二関スル法律 制定
●第1回生命表作成(日本)
●専門学術誌バイオメトリカ創刊
1904 ■日露戦争(〜05)
1905 ●臨時台湾戸口調査 実施
●ローレンツ曲線 導入
1908 ●t-分布・t-検定 発表
1911 ●『統計理論入門』刊行
●統計学科設立(英国)
1912 ●パラメータ推定の最尤法
1914 ■第一次世界大戦(〜18)
1920 ●第1回国勢調査 実施
1921 ●統計研修所設置
●人口推計 開始
1922 ●F-検定
1923 ■関東大震災(日本)
1924 ●管理図
1925 ●第2回国勢調査実施
●『研究者のための統計的方法』発表
1927 ●日本国勢図会 刊行
1928 ●信頼区間の概念 導入
1929 ■世界恐慌
1931 ●日本統計学会 設立
●因子分析
■満州事変(日本)
1933 ●仮説検定の手順 導入
1934 ●中心極限定理 証明
1935 ●『実験計画法』発表
1936 ●イタリア初の統計学科 設立
1937 ■日中戦争(〜45)
1939 ●ワイブル分布 導入
■第二次世界大戦(〜45)
1946 ●国連統計委員会 設置
●消費者物価指数 開始
●家計調査 開始
●国連統計委員会 設置
日本国憲法公布(日本)
1947 ●労働力調査 本格開始
●旧統計法制定(日本)
●個人企業経済調査 開始
1948 ●住宅・土地統計調査 開始
■世界保険機構(WHO)設立
1950 ●小売物価統計調査 開始
●デミングによる品質管理の講義 実施(日本)
●ダービン=ワトソン統計量
■朝鮮戦争(〜53)
1951 ●デミング賞 創設
■サンフランシスコ平和条約
1954 ●科学技術研究調査 開始
1956 ●就業構造基本調査 開始
1959 ●全国消費実態調査 開始
1960 ■高度経済成長(日本)(〜70)
1960 ■ベトナム戦争(〜75)
1962 ●刈り込み平均
1964 ■東京五輪(日本)
1969 ●モデル選択の規準AIC
■アポロ11号月面着陸
1970 ●箱ひげ図、幹葉図
●ボックス=ジェンキンス法
1972 ■沖縄返還(日本)
1973 ●ブラック=ショールズ・モデル
1976 ●社会生活基本調査 開始
1979 ●ブートストラップ法
1989 ●サービス業基本調査 開始
1990 ■東西ドイツ統合
1991 ●統計資料館 開設
■湾岸戦争
1993 ■EU誕生
2001 ■インターネットの普及
■アメリカ同時多発テロ
2007 ●新統計法 公布(日本)
2008 ●e-Stat 運用開始(日本)
●サービス産業動向調査 開始
2009 ●経済センサス-基礎調査 開始
●新統計法 全面施行(日本)
2011 ■東日本大震災(日本)
2012 ●経済センサス-活動調査 開始

▲ ページのトップへ

Copyright © 2013 総務省 統計局 All rights reserved.

〒162-8668 東京都新宿区若松町19-1 TEL 03-5273-2020(代)