グラフ作成の基本

 統計データをグラフにすることで全体の様子を把握しやすくなり、有意義な情報が得られたり、効果的に分析することができたりすることがあります。分析の目的にあった的確な統計グラフを作成しましょう。

 各統計グラフの説明に入る前に、ここではエクセルによる統計グラフの基本的な作成方法と注意点について見ていきます。

図 統計グラフの各部位

 統計データを理解するのにグラフは大変有効な手段ですが、誤ったグラフを作成してしまうことで、そのグラフから受ける印象が実態とずれてしまう場合があるため、グラフを作成するには様々な注意が必要です。

  1. 統計データを正しく読み取る
     グラフを作成するには、前提として統計データを正しく読み取る必要があります。また、グラフの特徴を理解し、使い方に慣れることも大切です。
  2. 主題を明らかにする
     グラフ化する目的や、グラフで何を表現するかをはっきりさせましょう。また、一つのグラフでたくさんの事柄を示そうとするとかえって分かりにくくなることがあります。グラフ一つにつき主題は一つに絞りましょう。
  3. 的確なグラフを選択する。
     グラフにはそれぞれ特徴があり、統計データの種類や分析の目的によって使い分ける必要があります。データの特性を考えて、表現しようとすることが的確に伝わるグラフを選択しましょう。

グラフの種類

 どのような種類があるのか見てみましょう。
◎…そのグラフで表すのにとても望ましい ○…そのグラフで表すのに望ましい

グラフ名 特性等 時系列 横断面 平均 散らばり 割合 相関
棒グラフ 棒の長短で数量の大小を比較する。    
折れ線グラフ 時間経過を沿って数量の変化や傾向を示す。          
円グラフ
・帯グラフ
全体に対する各項目の構成比を示す際に使う。      
ヒストグラム 量的な構成、値のばらつきなどを示す。
値の分布をつかむときに使う。
     
パレート図 全体に対する各項目の構成比の集中度合いを示す。      
ローレンツ曲線 集中の度合いを示す。所得格差を見るときなどに使用される。        
箱ひげ図 値のばらつきを示す。
複数のデータのばらつきをつかむときに使う。
         
レーダー
チャート
いくつかの変量をまとめて比較する。
全体の傾向をつかむときに使う。
         
絵グラフ 同形の絵を並べ、調査結果が伝わり易くなるようにしている。
量の大小を比較するときに使う。
           
散布図 2つの変量の相関関係を示す。    
バブルチャート 2つの変量の相関関係に加えて円の面積で3つ目の変量を表す。    
三角グラフ 3つの構成要素の比率を示す。          
統計地図 地図を模様や色(濃淡)で塗り分けたり、地図上にグラフを重ねたりすることで、地域別の数量などを示す。
地域別の比較をするときに使う。
         
  1. デザインを工夫する
     グラフは、縦横の比率を変えたり、波形で省略したり、デザインを変えることで、見る人に与える印象が変わってきます。誤った印象を与えない、適切なデザインを考えましょう。
     また、色使い、目盛、単位、説明文字などの表現も工夫し、理解しやすいグラフを作成しましょう。
  2. 補足事項の記載
     グラフは表示するデータの単位や定義を明確にしないと、見る人に正確な情報が伝わりません。数値の単位を記載し、曖昧な定義や注意事項がある場合は必ず補足説明を付けましょう。
     また、どういったデータを元にしているのか分かるよう、出典元の資料名等も記載しましょう。

基本操作

  1. グラフ種類の選択

    (1) 統計表からグラフの作成に必要な項目、数値を選択します
    (2)左上の「挿入」タブを選択すると各種のグラフが選択できるようになります。必要なグラフの種類を選択しましょう。ここでは時系列のデータを使用しますので、「折れ線」を選択しています。

    図 グラフの選択

    図 グラフの選択

    (3)縦棒の中からさらに詳細なグラフの種類を選択します。ここでは「2ーD折れ線」を選択しています。

    図 詳細なグラフの選択

    図 詳細なグラフの選択

    (4)以下のような折れ線グラフが出力されます。

    図 折れ線グラフの表示

    図 折れ線グラフの表示

  2. グラフ、データの追加と削除

     グラフやグラフに使用するデータの追加、削除はグラフエリアを右クリックし、「データの選択」から編集する事ができます。また、不要なグラフの削除のみを行う場合は、該当するグラフを右クリックし、「削除」を選択することもできます。

    図 グラフ、データの追加、削除

    図 グラフ、データの追加、削除

  3. 表題、軸ラベル、凡例などの表示(レイアウトの変更)

     「レイアウト」タブからそれぞれ「グラフタイトル」、「軸ラベル」、「凡例」などを選択していくとそれぞれ作成、変更する事ができます。表題、軸の項目名や単位は必ず記載する必要があります。
     また、縦軸、横軸の数値、項目名などを変更する場合は、数値又は項目名を右クリックして、「軸の書式設定」から変更する事ができます。

    図 表題の設定

    図 表題の設定

  4. デザインの変更

     グラフで説明したい内容が伝わりやすくなるよう、デザインの修正や補足事項の追記をしましょう。
     グラフエリアを選択した状態で表示される「デザイン」タブから各種の変更をすることができます。また、変更したい箇所を右クリックして書式の変更などを選択することでも変更が可能です。色や配置なども見やすいよう工夫するとよいでしょう。

    図 グラフ曲線のデザインの変更

    図 グラフ曲線のデザインの変更

    図 グラフ曲線のデザイン編集画面

    図 グラフ曲線のデザイン編集画面

    図 個別にデータのデザインを編集する場合

    図 個別にデータのデザインを編集する場合

    図 ラベルの表示

    図 ラベルの表示

     注目すべき部分については、ラベルなどにより数値を表示します。数値を表示することによって、このグラフでは昭和60年と平成22年では、15歳未満人口の割合と65歳以上人口の割合が逆転していることがよくわかります。

  5. 出典元の表示

     類似した内容の調査であっても、調査の方法や用語の定義によっては結果の数値や精度などが異なることがあります。グラフの読み手にとって、何の調査結果を利用してグラフを作成しているのかがわかるよう、出典元は必ず表示します。
     出典元はグラフの周囲やグラフ内に記載します。多数のグラフがある場合などは、巻末などに記載する場合もあります。出典元をグラフの中に表示する場合は、「挿入」タブから「テキストボックス」を選択して、グラフの中に記載しましょう。

    図 テキストボックス

    図 テキストボックス
  6. グラフの完成

     大きさや色などを整えるとグラフが完成します。

    図 グラフの完成

    図 グラフの完成
いろんなグラフの作り方
基本操作 棒グラフ 折れ線グラフ 円グラフ・帯グラフ ヒストグラム 箱ひげ図 散布図 バブルチャート 三角グラフ レーダーチャート 絵グラフ パレート図 ローレンツ曲線 統計地図

Copyright © 2013 総務省 統計局 All rights reserved.

〒162-8668 東京都新宿区若松町19-1 TEL 03-5273-2020(代)