調査票の整理

 「調査票の整理」は、調査票が全て集められているかなどを検査し、この後の集計作業を行いやすくするための整理をします。

内容の検査

 集められた調査票の記入内容について、記入漏れ、記入誤り、他の関連する質問との間の矛盾の有無などを検査する作業です。記入漏れ等があった場合、調査票記入者に再度質問するなどして、必要があれば補筆します。また、合計値などを計算する調査項目がある場合は計算値をチェックし、誤りは修正します。ただし、内容検査においては、回答内容の無理な訂正などは行わないように注意しましょう。

符号付け

 収集したデータが質的データの場合、調査票の各項目に符号付けを行うことで、データの入力や、統計表の作成をより迅速・正確に行うことができます。例えば、調査票に男か女かのどちらかに"○"を記入させる項目があった場合、男に○が記入されていれば"1"、女に○が記入されていれば"2"のように符号を付けます。

Copyright © 2013 総務省 統計局 All rights reserved.

〒162-8668 東京都新宿区若松町19-1 TEL 03-5273-2020(代)