いろんなグラフの作り方
棒グラフ 折れ線グラフ 絵グラフ ヒストグラム 箱ひげ図 散布図 バブルチャート 三角グラフ レーダーチャート 円グラフ・帯グラフ パレート図 ローレンツ曲線 統計地図

バブルチャート

バブルチャート
  1. 特徴
     バブルチャートは、散布図を構成するデータに加えて、それに関係するもう一つの量的なデータを加え、円の大きさで表すグラフです。3つのデータの関係性について、一つのグラフで見ることができます。

  2. 作成方法
     以下の表は、平成24年に実施された「経済センサス-活動調査」の速報値から、産業ごとの企業等の数、売上高、付加価値を比較した表です。この表から、各産業の企業等の数、売上高及び付加価値の状況を示すバブルチャートを作成します。

    表 産業ごとの企業等数、売上高、付加価値額
    表 産業ごとの企業等数、売上高、付加価値額

    ① エクセルに表を作成し、グラフ作成に必要な数値を選択します。
    ② 画面上部にある「挿入」タブから「その他のグラフ」を選択します。
    ③ 「その他のグラフ」から「バブル」か「3-D効果付きバブル」を選択します。ここでは「バブル」を選択しています。

    図 バブルチャートの種類選択
    図 バブルチャートの種類選択

    ④ 縦軸、横軸及び面積に設定するデータを選択します。グラフエリアを右クリックして、「データの選択」を選択し、「編集」から各軸に割り振るデータをドラッグして選択していきます。

    図 バブルチャートのデータの選択
    図 バブルチャートのデータの選択

    ⑤ 軸にマイナスの数値が表示されていたり、大きな桁を見やすいように修正する場合は、表示されたグラフの軸を右クリックして「軸の書式設定」から「軸のオプション」を選択し、「最小値」、「表示単位」を修正しましょう。

    図 「レイアウト」によるグラフの修正
    図 「レイアウト」によるグラフの修正

    ⑥ 標題、単位、出典元などの必要な事項を記載し、グラフのデザインなどを修正して完成です。

    図 産業ごとの売上高、付加価値、企業数
    図 産業ごとの売上高、付加価値、企業数

     このようにバブルチャートで表示することによって、製造業と卸売業、小売業の売上高及び付加価値額の合計額が飛び抜けており、企業数も多いことから、重要な産業であることが分かります。

▲ ページのトップへ

Copyright © 2013 総務省 統計局 All rights reserved.

〒162-8668 東京都新宿区若松町19-1 TEL 03-5273-2020(代)