結論と新たな課題

結論1

 以下の選択肢の中から分析の結果として正しいものを選びなさい。

(1)ある学校の生徒の勉強時間を調査するために全校生徒の日曜日の勉強時間を調査したところ、平均勉強時間は2時間であったため、一週間では14時間と推測できる。
(2)平日の夜、繁華街で高校生数人に睡眠時間を聞いたところ、平均睡眠時間は4時間であった。これは過去の社会生活基本調査による調査結果よりも少ない時間であるため、日本の高校生の平均睡眠時間は減少していると考えられる。
(3)ある都道府県内の世帯の一ヵ月間の平均支出を調べるため、偏りが出ないよう無作為で十分な数の標本を抽出して調査を行なった。この結果から、全体の平均支出を推測することができる。
(4)学校のテストの成績とスポーツや趣味に費やす時間を調査したところ、相関が見られたので、テストの成績をあげるためにスポーツや趣味の時間を減らすべきである。

回答

(3)
(1)の調査した日は日曜日、(2)の調査はごく限られた地域・時間であるため、それぞれ偏りが生じていることが考えられる。(4)は学校の成績とスポーツや趣味の時間に相関が見られただけでは、因果関係があるとは言い切れない。

 
▲ ページのトップへ

Copyright © 2013 総務省 統計局 All rights reserved.

〒162-8668 東京都新宿区若松町19-1 TEL 03-5273-2020(代)