問題の発見

問題の発見・課題の設定1

 次の中から明らかに誤っているものを全て選びなさい

(1)工場で生産される製品の不良品の数について調べるため、製品の寸法のデータ集めて、分散が大きくなっているかを調べる。
(2)半数以上の生徒がテストで50点以上となるように目標を定める場合、具体的な目標値はテストの平均点が50点以上になればよいということである。
(3)人口の高齢化の状況を比較するための指標としては、高齢者の人数よりも高齢者の全体に対する割合を比較する方がより的確である。
(4)クラスごとにテストの結果を比較するためには、平均点よりも総得点を比較する方がよい。

回答

(2)、(4)
(2)は、半数以上が50点以上となるようにするので平均ではなく中央値を使用します。 (3)では、高齢者の数が増えていても全体の人口が同じ割合かそれ以上に増加している場合は高齢化とはなりませんので、割合を比較する方が的確と言えるでしょう。(4)クラスの人数が異なる場合があるため、平均点を比較します。

▲ ページのトップへ

Copyright © 2013 総務省 統計局 All rights reserved.

〒162-8668 東京都新宿区若松町19-1 TEL 03-5273-2020(代)