どんなデータがあるの?

人口・世帯
Q1. 日本の人口が知りたい
Q2. 少子高齢化について知りたい
Q3. 日本の世帯数が知りたい
Q4. 一人暮らしの数が知りたい
Q5. 未婚の割合が知りたい

事業所・企業
Q1. 日本の事業所数と従業者数が知りたい
Q2. 日本の企業数が知りたい
Q3. 個人企業の数が知りたい
Q4. サービス産業について知りたい
Q5. 企業の研究費が知りたい
Q6. 都道府県ごとの売上高が知りたい
Q7. 産業ごとの売上高が知りたい

科学技術
Q1. 日本の研究費が知りたい
Q2. 日本の研究者数が知りたい

労働
Q1. 完全失業者数と完全失業率が知りたい
Q2. 就業者数(有業者数)が知りたい
Q3. パート・アルバイトの人数が知りたい
Q4. 派遣労働者の数が知りたい

家計
Q1. 世帯における1カ月間の収入が知りたい
Q2. 世帯における1カ月間の生活費が知りたい
Q3. 一人暮らし世帯の1カ月間の生活費が知りたい
Q4. エンゲル係数が知りたい
Q5. 1世帯当たりの教育費が知りたい
Q6. 政令指定都市ごとに品目の消費量を比べたい
Q7. インターネットの利用状況が知りたい

物価
Q1. 消費者物価指数について知りたい
Q2. 品目別小売価格について知りたい
Q3. 生鮮食品の小売価格について知りたい
Q4. 大学等の授業料・入学金について知りたい
Q5. 自動車ガソリン価格について知りたい

住宅・土地
Q1. 住宅の数が知りたい
Q2. 空き家の数が知りたい
Q3. 一戸建および共同住宅の数が知りたい
Q4. 建物の構造別(木造など)住宅の数が知りたい
Q5. 持ち家の数が知りたい

生活
Q1. 睡眠時間が知りたい
Q2. 通学・通勤時間が知りたい
Q3. 介護・看護時間が知りたい
Q4. ボランティア人口が知りたい
Q5. 日本で盛んなスポーツが何か知りたい

政府統計のデータ

データが探せない

A 5年ごとに実施している国勢調査全国・都道府県・市区町村ごとに、男女、年齢(各歳)別、職業別などに調べることができます。ユーザーズガイドでは国勢調査の見かたや時系列で人口の推移を調べることができます。また、国勢調査が行われない年の人口は人口推計から調べることができます。

国勢調査 結果へ 人口推計 結果へ
A 人口推計の「長期時系列データ」から年齢ごとの人口の推移を調べることができます。また、5年ごとに実施されている国勢調査の時系列から年齢ごとの人口の推移を調べることもできます。

人口推計 結果へ 国勢調査時系列データ 結果へ
A 5年ごとに実施している国勢調査の各集計及び住民基本台帳に基づく人口、人口動態及び世帯数調査口から調べることができます。国勢調査の時系列データからは長期時系列のデータも調べられます。また、国立社会保障・人口問題研究所の日本の世帯数将来推計では、国勢調査を基準とした将来の世帯数の推計が調べられます。

国勢調査 結果へ 国勢調査時系列データ 結果へ 住民基本台帳人口要覧 結果へ 将来推計人口・世帯数 結果へ
A 5年ごとに実施している国勢調査の「世帯数・世帯人員」、「世帯の家族類型・世帯主との続き柄」や各統計表の一世帯あたりの人員などの結果から調べることができます。また、時系列データの「世帯」からも調べることができます。

国勢調査 結果へ 国勢調査時系列データ 結果へ
A 5年ごとに実施している国勢調査の「男女・年齢・配偶関係」から、全国、都道府県、市町村ごとに、男女、年齢(各歳)別にみた15歳以上人口に占める未婚者数の割合を算出することができます。また、時系列データの「男女,年齢,配偶関係」の第4表からは時系列の未婚率を調べることができます。

国勢調査 結果へ 国勢調査時系列データ 結果へ
A 総務省統計局が平成26年に実施した経済センサス‐基礎調査により調べることができます。

経済センサス-基礎調査 結果へ 経済センサス-活動調査
A 経済センサス-基礎調査及び経済センサス-活動調査から、各地域ごと、産業ごとなどに調べることができます。企業の産業は、支所(支社・支店)を含めた企業全体の主な事業の種類により分類されています。

経済センサス-基礎調査 結果へ 経済センサス-活動調査 結果へ
A 経済センサス-基礎調査及び経済センサス-活動調査から、各地域ごと、産業ごとなどに調べることができます。

経済センサス-基礎調査 結果へ 経済センサス-活動調査 結果へ
A 毎月実施しているサービス産業動向調査から、産業別に月ごとの売上高及び従事者数などを調べることができます。

サービス産業動向調査 結果へ
A 毎年実施している科学技術研究調査から、企業等における研究費、研究者数を調べることができます。

科学技術研究調査 結果へ
A 経済センサス-活動調査の都道府県別結果から、各地域ごと、産業ごとの事業所、企業の売上高を調べることができます。

経済センサス-活動調査 結果へ
A 経済センサス-活動調査から、各地域ごと、産業ごとの事業所、企業の売上高を調べることができます。

経済センサス-活動調査 結果へ
A 毎年実施している科学技術研究調査から、企業等、非営利団体・公的機関及び大学等が1年間に支出した研究費を調べることができます。また、研究費の内訳を支出源別、性格別及び費目別に調べることもできます。

科学技術研究調査 結果へ
A 科学技術研究調査から、企業等、非営利団体・公的機関及び大学等における研究者数を調べることができます。また、研究関係従事者を研究者、研究補助者、技能者及び研究事務その他の関係者別に調べることもできます。

科学技術研究調査 結果へ
A 毎月実施されている労働力調査から、完全失業者数及び完全失業率を調べることができます。

労働力調査 結果へ 国勢調査 結果へ
A 毎月実施されている労働力調査から、就業者数を調べることができます。5年ごとに実施されている就業構造基本調査から、有業者数を調べることもできます。5年ごとに実施されている国勢調査の「産業等基本集計」や「職業等基本集計」などからも全国、都道府県、地区町村別の就業者数を調べることもできます。

労働力調査 結果へ 労働力調査年報 結果へ 就業構造基本調査 結果へ 労働力調査 結果へ 国勢調査 結果へ
A 毎月実施されている労働力調査の「詳細結果」(四半期ごとに公表)により、雇用形態別(勤め先での呼称による)から、パート及びアルバイトの就業者数を調べることができます。

労働力調査 結果へ
A 毎月実施されている労働力調査から、「労働者派遣事業所の派遣社員」の就業者数を調べることができます。また、就業構造基本調査から、「労働者派遣事業所の派遣社員」の有業者数を調べることができます。

労働力調査 結果へ 就業構造基本調査 結果へ
A 家計調査の「収支編」から、勤労者世帯(世帯主が雇用者の世帯(会社・団体の役員は除く))及び無職世帯の1世帯当たり1か月間の実収入を、二人以上の世帯、単身世帯及び二人以上の世帯と単身世帯を合わせた「総世帯」について、調べることができます。また、収入階級ごとに項目ごとの支出額も調べることができます。

家計調査 結果へ 全国消費実態調査 結果へ
A 家計調査の「収支編」から、1世帯当たり1か月間の消費支出を二人以上の世帯、単身世帯及び二人以上の世帯と単身世帯を合わせた「総世帯」について、項目ごとの支出額を調べることができます。
また、5年ごとに実施している全国消費実態調査からも、世帯の1か月間の消費支出を調べることができます。

家計調査 結果へ 全国消費実態調査 結果へ
A 家計調査の「収支編」から、1か月の項目ごとの消費支出額などを調べることができます。また、5年ごとに実施されている全国消費実態調査からも、単身世帯の1か月の消費支出を調tべることができます。

家計調査 結果へ 全国消費実態調査 結果へ
A 家計調査の「収支編」の各統計表内の項目「エンゲル係数」として、二人以上の世帯、単身世帯及び二人以上の世帯と単身世帯を合わせた「総世帯」について、調べることができます。エンゲル係数は各統計表ファイルの2枚目のシートに記載されていることがあるので注意して探してくださいね。
また、5年ごとに実施している全国消費実態調査からも、世帯の収入階級別のエンゲル係数を調べることができます。

家計調査 結果へ 全国消費実態調査 結果へ
A 毎月実施されている家計調査の「収支編」から、1世帯あたりの教育費を調べることができます。また、5年ごとに実施される全国消費実態調査の「家計収支編」からは、世帯主の年齢、収入階級別の一ヶ月間の教育費を調べることもできます。

家計調査 結果へ 全国消費実態調査 結果へ
A 政令指定都市ごとに品目の消費量を比べたい A 家計調査の「家計収支編」から、政令指定都市、都道府県庁所在市ごとに各品目別の消費量、支出金額を調べることができます。「品目別都道府県庁所在市及び政令指定都市ランキング(二人以上の世帯)」では、品目ごとの支出金額のランキングをグラフで見ることもできます。

家計調査 結果へ
Ax 家計消費状況調査の「ICT関連項目」から、地域、年齢、収入階級別などの平均利用金額、利用回数が最も多かった場所などがわかります。

家計消費状況調査 結果へ
A 総務省統計局が毎月公表している「消費者物価指数月報」により、調べることができます。
【消費者物価指数とは】世帯が日常生活で購入するさまざまな商品(財やサービス)の物価の動きを見るために、ある基準年に購入した商品を入れた買い物かごを考え、この買い物かごの中身と同じ物を購入するのに必要なお金がいくらになるのかを指数のかたちで表したものです。

消費者物価指数 結果へ
A 毎月実施されている小売物価統計調査の「月次」で月ごとの各品目の平均価格を、「年次」では都道府県庁所在市ごとなどに各品目の年平均価格などについて調べることができます。また、「調査品目及び基本銘柄」では調査している品目がわかります。

小売物価統計調査 結果へ
A 毎月実施されている小売物価統計調査の「月次」の「全品目」内にある、各統計表の銘柄1000番代〜2000番代として生鮮食料品等の価格が調べられます。「年次」では都道府県庁所在市ごとなどに各品目の年平均価格などについて調べることができます。

小売物価統計調査 結果へ
A 小売物価統計調査から調べることができます。「月次」の「全品目」では各統計表内の銘柄品目「8041大学授業料(国立, 法文経系, 授業料)」〜「8065大学授業料(私立, 理工系, 入学金)」として、全国の平均などがわかります。「年次」では第5表、第6票などで都道府県ごとに、「10年報」では、時系列ごとに調べることもできます。

小売物価統計調査 結果へ
A 小売物価統計調査、「月次」の「自動車ガソリン」または「全品目」の統計表内に記載されている銘柄品目「7301自動車ガソリン」として調べることができます。また、「年次」や「10年報」では同様に銘柄品目「7301自動車ガソリン」として、都道府県庁所在市ごとなどに調べることもできます。

小売物価統計調査 結果へ
A 総務省統計局が5年ごとに10月1日現在で実施している住宅・土地統計調査により、調べることができます。また,総務省統計局が5年ごとに実施している国勢調査においても調べることができます。

住宅・土地統計調査 結果へ 国勢調査 結果へ
A 5年ごとに実施されている住宅・土地統計調査の確報集計、「住宅及び世帯総数」などから総住宅数及び総世帯数などを調べることができます。

住宅・土地統計調査 結果へ
A 5年ごとに実施されている住宅・土地統計調査の確報集計、「住宅及び世帯総数」などから総数、世帯数などを調べることができます。

住宅・土地統計調査 結果へ
AA 5年ごとに実施されている住宅・土地統計調査の確報集計、「住宅の種類,建て方,建築の時期,建物の構造,階数」などから建物の構造別の住宅の数を調べることができます。

住宅・土地統計調査 結果へ
A 5年ごとに実施されている住宅・土地統計調査の確報集計、「持ち家の購入・新築・建て替え等の状況」から持ち家数、持ち家比率などがわかります。

住宅・土地統計調査 結果へ
A 5年ごとに実施されている社会生活基本調査、調査票Aに基づく結果の生活行動などから睡眠時間を調べることができます。

社会生活基本調査 結果へ
A 5年ごとに実施されている社会生活基本調査、調査票Aに基づく結果の生活行動などから通学・通勤時間を調べることができます。

社会生活基本調査 結果へ
A 5年ごとに実施されている社会生活基本調査、調査票Aに基づく結果の生活行動などから介護・看護時間を調べることができます。

社会生活基本調査 結果へ
A 5年ごとに実施されている社会生活基本調査の調査票Aに基づく結果から、ボランティア活動の種類、頻度、活動の形態別ボランティア人口を調べることができます。

社会生活基本調査 結果へ
A 5年ごとに実施されている社会生活基本調査の調査票Aに基づく結果からスポーツの種類別に行動日数、行動者率などの結果を調べることができます。

社会生活基本調査 結果へ
A 政府統計を網羅した政府統計のポータルサイト。あらゆる府省の統計を調べるだけではなく、自分が欲しい統計表の作成やグラフ、統計地図の作成もできる優れものだ。

政府統計の総合窓口(e-Stat)
A e-Statの使い方の概要はこちらから。統計表の調べ方や自分が欲しい統計表の作成、グラフや統計地図の作成方法を分かりやすく解説します。

使い方はこちら
A どうしても欲しい統計データがどこにあるかわからない場合は、気軽にメールで質問してみよう。

問い合わせ

Copyright © 2013 総務省 統計局 All rights reserved.

〒162-8668 東京都新宿区若松町19-1 TEL 03-5273-2020(代)