日本の統計の中核機関

日本の統計制度

  • ご意見・お問合せ
  • サイトマップ
  • 文字サイズ等の変更
  • English

ホーム > インフォメーション > 採用情報 > 一般職事務系(高卒者) 先輩からのメッセージ 平成20年 >先輩からのメッセージ

ここから本文です。

採用情報(一般職事務系(高卒者))

統計局・統計センターで活躍してみませんか?

独立行政法人統計センター製表部情報処理課システム企画担当
鈴木   惣太郎(平成14年度採用)

Q 総務省統計局・統計センターに決めた理由

  私は統計センターに勤める前に郵便局で行政の仕事をしていました。

  仕事をしている中で、行政の仕事に興味を持ち、もっと深く知りたいと思うようになりました。

  行政の施策を行う上での基礎となっているのが「統計」であることを知り、「統計」の仕事にかかわりたいと思い統計センターを希望しました。

Q 現在の仕事と今までに担当した仕事

  採用時から、統計センターのLANシステムなどの情報システム機器の企画や運用・管理といった業務に携わっています。

  最新のICT技術の情報収集を行い、統計センターの業務の効率化を図るための情報システム機器を提案し、調達を行うとともに、それらの情報システム機器の運用計画の作成なども行っています。

  最近のICT技術の進歩には目を見張るものがあり、常に最新の情報を集め、毎日、勉強しながら仕事をしています。

Q 仕事の魅力とやりがい

  システムの企画というと「統計」とは全くかかわりの無いように感じるかもしれません。例えば、職員が日々の業務に使用しているパソコンについて、業務を行うのに能力が十分か、どれぐらいの期間使用するのか、セキュリティは確保されているのかなど、さまざまな観点で考えて最適なものを決定し、導入することがシステムの企画となります。企画=「統計」とは直接結びつきませんが、システムの企画が「統計」を行う基盤を築いていると考えると、とてもやりがいのある仕事であると思います。

  また、普通では扱えないようなコンピュータ機器を扱ったり、コンピュータメーカーなどの展示会に参加したりと、最新の情報をいち早く得ることができるのも楽しみの一つです。

 Q 皆さんへのメッセージ

  統計局・統計センターは、明るく活気のある職場です。情報処理技術の活用や、統計技術の海外協力など、様々な分野での活躍も期待できます。是非、私たちと一緒に未来を作っていきましょう。




バック ホーム

ページの先頭へ戻る