日本の統計の中核機関

日本の統計制度

  • ご意見・お問合せ
  • サイトマップ
  • 文字サイズ等の変更
  • English

ホーム > インフォメーション > 採用情報 > 一般職事務系(高卒者) 先輩からのメッセージ 平成20年 >先輩からのメッセージ

ここから本文です。

採用情報(一般職事務系(高卒者))

私の好きな場所

大臣官房秘書課秘書第四係
斉藤   美恵子(平成14年度採用)

Q 総務省統計局・統計センターに決めた理由

  行政を運営していく上では、何らかの目標、基礎になる指標が必要不可欠です。統計局はそういったベンチマークを作成するための統計の企画や調査の実施、調査結果に基づいた分析を行うなど、行政を運営する上で非常に重要な役割を担う業務を行っています。そのような業務に携わりたくて、統計局・統計センターに決めました。

Q 現在の仕事と今までに担当した仕事

  私は、これまで消費者物価指数(CPI)の元となる小売物価統計調査の調査票の審査や家計調査の符号格付を行っていました。現在は、官房長・官房秘書課長の日程管理や省外及び内部部局等との間の連絡・調整を行っています。

Q 仕事の魅力とやりがい

  秘書第四係という場所は、官房秘書課の行っている業務だけにとどまらず、総務省各部局等で行われている業務に関連して、今、発生している課題等、常に変化している状況に接することになります。その一つ一つが重要な事ばかりであり、その状況に応じて幹部の方々が迅速に対処するなど、常に気が抜けない状態ではありますが、毎日良い緊張感を持って業務に取り組んでいるところにやりがいを感じます。

Q 皆さんへのメッセージ

  様々な施策の根幹となる統計は、社会を分析・予測するに当たり、非常に重要なものです。また、総務省は多様な業務を行う部署が揃っており、言葉・文字では伝えきれないくらい未知なる可能性を持っている場所だと思います。好奇心と向上心に満ち溢れた皆さんの気持ちでその可能性を実現させてみませんか。実際に職場の雰囲気を肌で感じ、目で見てください。皆さんの訪問を心よりお待ちしております。




バック ホーム

ページの先頭へ戻る