日本の統計の中核機関

日本の統計制度

  • ご意見・お問合せ
  • サイトマップ
  • 文字サイズ等の変更
  • English

ホーム > インフォメーション > 採用情報 > 一般職事務系(高卒者) 先輩からのメッセージ 平成20年 >先輩からのメッセージ

ここから本文です。

採用情報(一般職事務系(高卒者))

笑顔で働ける職場です

独立行政法人統計センター総務部財務課総務係
中島   智子(平成15年度採用)

Q 総務省統計局・統計センターに決めた理由

  統計センターは通っていた専門学校で行われた説明会で存在を知り、それをきっかけに統計センター内で行われた説明会に参加しました。直接、統計センターを訪れて感じたのは、女性職員が多く、とても温かい雰囲気がする職場だということでした。長く働いていきたいと思っていた私には、職場の雰囲気は大事な要因だったので、訪問したときに感じた安心感が決め手になりました。

Q 現在の仕事と今までに担当した仕事

  採用してすぐに配属されたのは、国民生活の家計の実態を把握するものとして毎月実施されている家計調査の担当でした。そこでは全国の調査世帯から集められた家計簿の符号格付業務に携わっていました。地域ごとに家計簿の品目というのは特色が出るので、その地域の風習や名産に詳しくなるので面白かったです。

  現在は統計センターの財務課総務係で、課内の庶務事務や統計センターで働いている皆さんの給与計算を主に行っています。統計業務には直接関わるものではありませんが、統計センターの皆さんを支えるための重要な仕事です。

Q 仕事の魅力とやりがい

  統計の調査結果は幅広く活用されていて、新聞等のメディアで統計センターが携わっている調査名を度々見かけることがあります。販売業務のような、個人に対しての仕事ではないので感謝の言葉など頂くことはありませんが、自分の仕事が日本中の皆さんの生活に関わっていることはとても誇りに思えました。

  現在の給与業務では、職員の皆さんのお給料を計算しています。慎重かつ臨機応変な対応が求められる業務なのですが、そのためには支給に関する制度や、税金、保険のことなど、給与に関することは知っておかなければなりません。様々なことを学び仕事にいかすには苦労もあり大変ですが、知識が増えるのは面白いですし、その分やりがいがあり、とても充実しています。

Q 皆さんへのメッセージ

  統計局・統計センターは、意欲があれば皆さんそれぞれ必ずやりがいを見つけられる職場だと思います。少しでも興味を持たれた方は、実際に仕事の様子を見に来て、職員や職場の雰囲気を感じてほしいです。

  皆さんこれからの人生を決める就職という大きな選択で迷っているところだと思いますが、是非統計局・統計センターをその選択肢に加えて頂きたいです。そして一緒に笑顔になれる職場で働いてみませんか?




バック ホーム

ページの先頭へ戻る