日本の統計の中核機関

日本の統計制度

  • ご意見・お問合せ
  • サイトマップ
  • 文字サイズ等の変更
  • English

ホーム > インフォメーション > 採用情報 > 一般職事務系(高卒者) 先輩からのメッセージ 平成20年 >先輩からのメッセージ

ここから本文です。

採用情報(一般職事務系(高卒者))

公務員になって

統計局総務課支出負担行為係
朝倉   正弘(平成16年度採用)

Q 総務省統計局・統計センターに決めた理由

  官庁業務説明会に参加して「統計」に興味を持ったのがきっかけでした。テレビ等で報道される統計調査の結果(失業率等)を毎日何気なく見たり聞いたりしていましたが、説明会に参加したことで一つの結果を導き出すために多くの人が統計業務に携わっているということを知りました。また、統計調査の結果が、国や地方における各種の政策の立案や推進に欠くことのできない基礎資料として利用されているなど、影響の大きさを感じ、私自身も「統計」を作る一員になりたいと思い、入省を決めました。

Q 現在の仕事と今までに担当した仕事

  最初に配属された部署は調査企画課地理情報室地理情報企画係です。地理情報企画係では統計局が実施している統計調査等の調査結果を基に地理情報システム(GIS)ソフトを利用し、地図で調査結果を表現するためのデータ作成などの業務を行っていました。現在は、総務課支出負担行為係に異動し、統計局が実施する統計調査に必要な用品、調査結果をまとめた報告書等の調達・契約関係の業務を行っています。

Q 仕事の魅力とやりがい

  現在契約の業務を担当しています。契約に当たっては契約に関する調査の内容等を把握して、法律に基づいて契約を執行しなければなりません。このことから法律を読んだり、担当者に話を聞いたりと日々多くのことを学ぶことができ、やりがいのある仕事だと思っています。また、調達や契約に当たり係内で指摘し合ったり議論したりと、係全体で切磋琢磨(せっさたくま)しながら仕事を行うことができるところに魅力を感じます。

Q 皆さんへのメッセージ

  統計局には温かく指導してくださる先輩方が多くおり、また、多くの同僚と楽しい時間を過ごすことができると思います。

  今回の私の話だけでは統計局の良さがまだまだ分からないかと思いますので、是非業務説明会に参加してみてください。

  皆さんと一緒に仕事ができる日を楽しみにしています。




バック ホーム

ページの先頭へ戻る