日本の統計の中核機関

日本の統計制度

  • ご意見・お問合せ
  • サイトマップ
  • 文字サイズ等の変更
  • English

ホーム > 統計に関する国際協力 > 国際的取組への参加・協力 > 世界統計の日

ここから本文です。

世界統計の日

  2010年6月、国連総会において、2010年10月20日を「世界統計の日」とすることが採択されました。世界共通の統計の日が設けられたのは初めてのことです。国連主導で「世界統計の日」を周知することにより、公的統計の意義を認識してもらい、センサスへの理解が得られることが期待されています。国際レベルで公的統計の意義、成果に対する理解を深めるため、国連主導の下、各国で周知活動が行われました。
  2015年6月3日には、第2回「世界統計の日」を2015年10月20日と指定する国際連合総会決議が採択されました。またこの決議により、今後5年ごとに10月20日を「世界統計の日」とすることが決定されました。

  [さらに詳しく(総務省)]別ウィンドウで開きます。

 第2回世界統計の日(2015年10月20日)

  総務省統計局では、2015年世界統計の日のロゴ、統計局のロゴ及び2015年10月に実施予定の国勢調査のイメージキャラクター「センサスくん」と「みらいちゃん」を並べて表示したマグカップを製作し、2015年世界統計の日等の広報活動を行っております。この日本の活動は、2015年世界統計の日のキャンペーン活動のさきがけとして国連の2015年世界統計の日のホームページに紹介されるとともに、マグカップの写真が掲載されています。

マグカップの写真

国連の2015年世界統計の日のホームページ
https://worldstatisticsday.org/2015/06/05/japan-campaign-kick-off/別ウィンドウで開きます。(英語)

バック ホーム

ページの先頭へ戻る