日本の統計の中核機関

  • ご意見・お問合せ
  • サイトマップ
  • 文字サイズ等の変更
  • English

ホーム > インフォメーション > 統計に関する国際協力 > 国際協力・交流 > エジプト中央動員統計局(CAPMAS)における統計情報の質向上プロジェクトの紹介 > エジプト中央動員統計局(CAPMAS)における統計情報の質向上プロジェクト >エジプト政府高官招聘

ここから本文です。

2017年1月27日〜2月6日

エジプト政府高官招聘

   2017年1月末、ガダ・モスタファ・アブダラー エジプト中央動員統計局副総裁を始めとするエジプト中央動員統計局職員4名が来日しました。
   総務省統計局等幹部との会談の後、「国勢調査」、「労働力調査」、「平成28年経済センサス-活動調査」、「ビジネスレジスターの概要」、「日本の統計法制度」、「e-Statの概要」、「地域メッシュ統計の概要」等のテーマについて統計局で意見交換を行いました。
   また、2月2日には、島田総務大臣政務官への表敬訪問を行いました。島田総務大臣政務官とガダ副総裁との間で、昨今の日本とエジプトの統計を取り巻く事情などについて意見が交わされました。
   総務省統計局は、2016年度から開始した(独)国際協力機構(JICA)による「中央動員統計局(CAPMAS)における統計情報の質向上プロジェクト」に協力し、エジプトの政府統計能力を向上させるための支援を行っており、今回の来日はその一環として行われました。

   来局者:
   Ms. Ghada Mostafa Abdalla(エジプト中央動員統計局副総裁)(統計局長室での記念撮影前列左)
   Ms. Hoda Mostafa(エジプト中央動員統計局国際協力部長)(統計局長室での記念撮影前列中央)
   Mr. Ahmed Kamal(エジプト中央動員統計局総裁アドバイザー)(統計局長室での記念撮影後列左から3番目)
   Ms. Yasmin Ahmed(エジプト中央動員統計局国際協力部長補佐)(統計局長室での記念撮影前列右)


統計局長との意見交換の様子(1月30日)



統計局長室での記念撮影(1月30日)



島田総務大臣政務官との意見交換の様子(2月2日)



島田総務大臣政務官室での記念撮影(2月2日)

バック ホーム

ページの先頭へ戻る