日本の統計の中核機関

  • ご意見・お問合せ
  • サイトマップ
  • 文字サイズ等の変更
  • English

ホーム > 統計に関する国際協力 > 国際協力・交流 > 第28回訪日韓国統計視察団

ここから本文です。

第28回訪日韓国統計視察団(平成28年3月)

 2016年3月7日から12日の日程で、崔 然玉氏(韓国統計庁社会統計局長)を団長とする第28回韓国統計視察団が来日しました。

 総務省統計局等幹部との挨拶の後、視察団は「経済活動人口調査」(労働力調査)、「家計に関する調査(収入、資産と負債)」、「国際協力活動」等について統計局で意見交換を行いました。
 また、9日(水曜日)には、古賀総務大臣政務官への表敬訪問を行いました。

 その後、視察団は大阪府(統計課)を訪問し、地方公共団体における統計活動について意見交換を行いました。

 この視察団交流は、1982 年よりほぼ毎年、日韓の統計局が相互に職員の派遣・受入れを行い、両国の統計行政が直面している課題、統計の組織、調査、集計及び提供等に関する現状、地方統計機構の実情等について幅広く意見交換を行い、両国の統計の発展に寄与することを目的としています。

第28回訪日韓国統計視察団メンバー:
崔 然玉氏(韓国統計庁社会統計局長)(写真左から2番目)
金 寶京氏(韓国統計庁社会統計局福祉統計課長)(写真右から2番目)
金 京姫氏(韓国統計庁社会統計局社会統計企画課課長補佐)(写真左)
李 允貞氏(韓国統計庁企画調整官室国際統計協力官付職員)(写真右)



社会統計局長の御挨拶の様子



集合写真



意見交換の様子



古賀総務大臣政務官表敬訪問の様子



大阪府庁訪問の様子


バック ホーム

ページの先頭へ戻る