日本の統計の中核機関

  • ご意見・お問合せ
  • サイトマップ
  • 文字サイズ等の変更
  • English

ホーム > 統計に関する国際協力 > 国際協力・交流 > 第29回訪日中国統計視察団

ここから本文です。

第29回訪日中国統計視察団(平成26年11月)

 2014年11月17日から22日の日程で、盛 来運氏(中国国家統計局綜合司司長)を団長とする第29回中国統計視察団が来日しました。

 総務省統計局幹部との挨拶の後、視察団は統計局のデータ公表、世論のモニタリング、より良い公表・解釈のためのITの利用法、統計データベースの維持管理等について統計局で意見交換を行いました。

 その他、視察団は兵庫県庁を訪問し、地方公共団体における統計活動について意見交換を行いました。

 この視察団交流は、1980 年よりほぼ毎年、日中の統計局が相互に職員の派遣・受入れを行い、両国の統計行政が直面している課題、統計の組織、調査、集計及び提供等に関する現状、地方統計機構の実情等について幅広く意見交換を行い、両国の統計の発展に寄与することを目的としています。

第29回訪日中国統計視察団メンバー:
盛 来運氏(中国国家統計局綜合司司長)(集合写真前列左から2番目)
王 娟氏(中国国家統計局国際合作司双辺処副処長)(集合写真前列左)
賀 飛燕氏(中国国家統計局綜合司信息発布処主任科員)(集合写真後列左から2番目)
黄 涛氏(中国国家統計局綜合司宏観経済監測処副主任科員)(集合写真後列左)


統計局長の挨拶の様子
統計局長の挨拶の様子


集合写真
集合写真


意見交換の様子
意見交換の様子


統計資料館集視察の様子
統計資料館集視察の様子


兵庫県庁訪問の様子
兵庫県庁訪問の様子


バック ホーム

ページの先頭へ戻る