日本の統計の中核機関

  • ご意見・お問合せ
  • サイトマップ
  • 文字サイズ等の変更
  • English

ここから本文です。

報道資料

平成18年3月27日

「統計センターの役割・業務等の在り方に関する研究会」の開催

   総務省では、所管する独立行政法人統計センターの役割・業務等の在り方について検討を行うため、「統計センターの役割・業務等の在り方に関する研究会」を開催します。

       
        
         
 1 目的  
  統計環境の変化の中で統計センターが実施する製表等の業務を取り巻く状況は大きく変化 しつつあり、早急に業務の在り方と統計センターが担うべき機能・役割の検討を進める必要があ ります。このため、平成18年前半を目途に、これについての意見を得ることを目的として、研究会を開催します。
 2 検討項目  
  統計調査の正確性・信頼性の確保、報告者の秘密保護を前提として、次の事項について検討を行います。
  (1)統計センターの業務・組織の効率化について
  統計センターの業務・組織の効率化に関し、統計センターをめぐる問題点・課題等を整理した上で、市場化テスト・民間開放の手法の活用方策及びITの的確な活用方策等について必要な検討を行います。
  (2)今後、統計センターが担うべき機能・役割について
  今後、統計センターが担うべき機能・役割について、製表業務の在り方、政府の統計調査等業務の最適化、統計制度の改革、の観点から必要な検討を行います。
 3 構成員  
   別紙のとおり
 4 スケジュール(予定)  
   平成18年3月29日(水)に第1回を開催し、平成18年6月頃までに5回程度開催予定
連絡先: 統計局総務課
   (担当:柴沼課長補佐、越係長)
   電話(直通) 03-5273-1117

                                       別 紙

構成員名簿
(敬称略・50音順)
 飯島 英胤 (東レ株式会社特別顧問)
 飯塚 悦功 (東京大学大学院工学系研究科教授)
 佐藤 博樹 (東京大学社会科学研究所教授)
 清家 篤 (慶應義塾大学商学部教授)
 坂東 眞理子 (昭和女子大学副学長)



 
 研究会の開催状況




バック ホーム

ページの先頭へ戻る