日本の統計の中核機関

  • ご意見・お問合せ
  • サイトマップ
  • 文字サイズ等の変更
  • English

ホーム > インフォメーション > 広報資料 > 第1回「地方公共団体における統計利活用表彰」

ここから本文です。

第1回「地方公共団体における統計利活用表彰」

概要

 総務省は、客観的な統計データに基づく的確かつ効率的な行政運営を促進する観点から、地方公共団体における統計データの利活用を推進することを目的として、「地方公共団体における統計利活用表彰」を今年度から新たに行うこととしました。

 第1回「地方公共団体における統計利活用表彰」では、52件の取組の提出があり、第1次審査、第2次審査等の厳正な審査の結果、総務大臣賞、統計局長賞及び特別賞を決定し、「第66回全国統計大会」において各賞の授与が行われました。


受賞団体及び取組

総務大臣賞

佐賀県:データ分析に基づく政策立案手法の導入(データ利活用プロジェクト)

統計局長賞

京都市:統計APIを活用した全市区町村の統計データを分析・可視化するアプリケーション(次世代統計アプリ)の開発・公開等、統計情報の高度化の推進
関連サイト:京都市統計ポータル別ウィンドウで開きます

特別賞

茨城県:SNSを活用した効果的な広報の実施
関連サイト:いばらき統計情報ネットワーク(統計課)別ウィンドウで開きます

京都府:平成28年中における交通死亡事故抑止対策の推進

福岡市:シティプロモーションサイト「Fukuoka Facts」の運営
関連サイト:Fukuoka Facts別ウィンドウで開きます

表彰式の様子

 11月16日(水曜日)に開催した「第66回全国統計大会」において各賞の授与が行われ、その後、受賞者によるプレゼンテーション「統計・データサイエンス利活用セミナー」において佐賀県及び京都市の取組を紹介しました。

審査の流れ

提出状況

第1回「地方公共団体における統計利活用表彰」の提出状況(PDF:117KB)

第1次審査

提出された52件の取組より、取組の効果、先進性、的確性の観点から10件を選定

第1次審査結果(PDF:69KB)

第2次審査(10月3日審査会開催)

有識者の審査員により、10件の取組から5件を選定

審査員一覧

  • 小谷 祐一朗(株式会社おたに代表取締役CEO )
  • 白波瀬 佐和子(東京大学大学院人文社会系研究科教授)
  • 西内 啓(統計家、株式会社データビークル取締役)
  • 福井 武弘(青山学院大学経営学部教授)
  • 渡辺 美智子(慶應義塾大学大学院健康マネジメント研究科教授)

第2次審査結果(PDF:65KB)

最終審査

総務大臣賞、統計局長賞、特別賞を選定

第1回「地方公共団体における統計利活用表彰」の受賞団体の決定(11月4日報道発表)(PDF:2,371KB)

参考資料

「地方公共団体における統計利活用表彰」の概要(PDF:1,881KB)

第1回「地方公共団体における統計利活用表彰」実施要領(PDF:240KB)

バック ホーム

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

ページの先頭へ戻る