日本の統計の中核機関

  • ご意見・お問合せ
  • サイトマップ
  • 文字サイズ等の変更
  • English

ホーム > インフォメーション > 統計調査等業務の業務・システム最適化と政府統計共同利用システム > 報道資料 > 政府統計 業務・システム最適化計画を策定〜年間で16.9億円の経費削減、29.6万日の業務削減の効果〜

ここから本文です。

報道資料

平成18年3月31日


政府統計 業務・システム最適化計画を策定
〜年間で16.9億円の経費削減、29.6万日の業務削減の効果〜


 平成18年3月31日、各府省情報化統括責任者(CIO)連絡会議 (略称:CIO連絡会議)において、全府省にまたがる政府統計の作成、提供などの統計調査等業務について、総務省(統計局)が担当府省として立案 した「統計調査等業務の業務・システム最適化計画」が決定されました。(資料1(PDF:16KB)資料2(PDF:243KB)
 本計画に基づき、各府省の情報システムの集約による投資効率・業務効率の向上を図るほか、インターネットで調査を行うオンライン調査の推進、一箇所 で各種の政府統計が利用可能になるワンストップサービスの実現など、ITの積極的活用による新しい調査環境・利用環境を整備するとともに、業務処理の 共通化、一元化・集中化、取り扱う情報の標準化、外部資源の活用等を推進し、統計関連の業務の簡素・合理化を図ってまいります。
 これにより、年間で16.9億円の経費削減、29.6万日の業務削減の効果(試算値)が見込まれます。


※本計画については、平成18年3月6日から総務省ホームページ等を通じ意見募集を行いましたが、
特に意見の提出はありませんでした。




連絡先

総務省統計局統計情報システム課
担当:阿向課長補佐、赤司統計専門職
電話:03-5273-1134
FAX:03-3202-8358
E-mail:メールソフトが起動しますsaitekika@stat.go.jp

バック ホーム

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

ページの先頭へ戻る