日本の統計の中核機関

  • ご意見・お問合せ
  • サイトマップ
  • 文字サイズ等の変更
  • English

ホーム > インフォメーション > 統計調査等業務の業務・システム最適化と政府統計共同利用システム > かんたん便利なe-Statで統計を楽しもう! > 統計データを地図に表す!(地図で見る統計(統計GIS))

ここから本文です。

統計データを地図に表す!(地図で見る統計(統計GIS))

地図上への統計データ表示までの3ステップ

  1. 「地図で見る統計(統計GIS)」を選択し、知りたいデータが含まれている統計調査を選択します。
  2. 画面上に地図が表示されるので、見たい地域へ移動し、階級、色などの設定を行います。
  3. 地図上に、見たい統計データが、階級別に色分けされた形で表示されます。

一部の統計調査結果については、500メートル四方ごとの統計データ(メッシュ形式)も登録されていて、細かな地域の状況が詳細に分かります。
(例:東京都心部の500メートル四方ごとの事業所数)

簡単な操作で、色分けされた地図上に、男女構成比のグラフを表示するなど、複雑な統計データを自由に組み合わせて、統計地図を作成することができます。
(例:東京都多摩地域の市区町村別人口・男女比)

小地域(町丁字)単位の統計データについて、色分け表示することもできます。また、ある地点から同心円状にあたる地域(地図上で赤色で塗りつぶされている地域)を指定して、データ集計を行うこともできます。
(例:東京都心部の小地域別居住人口及び、新宿区付近を中心とした半径1キロメートルにあたる地域の集計値)


こんなことも…

  • 統計GISには、人口・世帯に関する統計データや、事業所・企業数、農業や福祉に関するデータなど、幅広い範囲の統計調査結果が登録されており、学習、ビジネスなどさまざまな場面での利活用が期待できます。
  • 統計データなどを用い、情報を視覚的に分析することで、各地域のすがたがよりイメージしやすくなります。
  • 異なる統計調査の統計データを一つの地図上に重ねて表示し、さまざまなデータを比較することができます。
  • 表示された統計地図上で、分析したい地域を拡大表示したり、境界を選択し集計するなど、さまざまな手法での地理的な分析ができます。
地図でみるとよくわかるゾウ!

統計データを探す!(統計表管理システム)表・グラフを作る!(統計情報データベース)
統計データを地図に表す!(地図で見る統計(統計GIS))調査票や調査項目について調べる!(調査項目データベースなど)

バック ホーム

ページの先頭へ戻る