日本の統計の中核機関

  • ご意見・お問合せ
  • サイトマップ
  • 文字サイズ等の変更
  • English

ここから本文です。

報道資料

平成19年11月21日

「平成17年基準消費者物価指数の中間年における見直し(案)」に関する意見募集の結果


 総務省は、「平成17年基準消費者物価指数の中間年における見直し(案)」について、平成19年(2007年)7月21日(土)から平成19年(2007年)8月27日(月)までの間、意見を募集しました。
 その結果、御意見の提出はありませんでしたので、別紙のとおり決定し、見直しを行います。

PDFファイル PDF形式で作成された文書を開くにはAdobe Readerが必要となります。

1 経緯等
 総務省では,全国の世帯が購入する家計に係る財・サービスの価格を総合した物価の変動を時系列的に測定することを目的に消費者物価指数を作成・公表しています。
 同指数は,他の経済指標と同様,西暦年の末尾が0及び5の年に合わせて,5年ごとに基準年を更新する「基準改定」を行っており,去る平成18年8月に平成17年(2005年)基準改定を行いました。
 改定の際に「消費者物価指数平成17年(2005年)基準改定計画」(平成17年11月25日)を策定しましたが,その中で「中間年における見直し」を実施することとしています。これは,基準改定の後に急速に普及し,家計消費の中に一定のウエイトを占めるに至った新たな財・サービスの価格変動を迅速に指数に取り込むため,次の基準改定(平成22年(2010年))を待たずに品目の見直しを行うものです。


2 意見募集の結果
 当該案について平成19年(2007年)7月21日(土)から平成19年(2007年)8月27日(月)までの間意見募集を行ったところ、御意見の提出はありませんでした。


3 今後の予定
 PDFファイル 別紙のとおり決定し、見直しを行います。

【連絡先】
 総務省統計局統計調査部消費統計課物価統計室
           物価指数第一係・第二係
   担 当:課長補佐  長尾
       物価指数第一係長  西
       物価指数第二係  高岡
   電 話:03−5273−1175(直通)
   F A X:03−5273−3129


バック ホーム

ページの先頭へ戻る