ここから本文です。

利活用ツール

データの活用事例や利活用のポイント紹介を踏まえて、データの視覚化ツール等、実際にデータを活用してみましょう。
このページでは、データを利活用するためのツールを紹介します。

データ視覚化ツール

  • 「統計ダッシュボード(総務省統計局)」のサムネイル画像

    国や民間企業等が提供している主要な統計データをグラフ等に加工して一覧表示し、視覚的に分かりやすく、簡単に利用できる形で提供するシステムです。
    収録されている約5,000のデータ系列は、分野ごとに整理されていますので、統計調査名や統計調査を実施している機関が分からなくても、分野から調べたいデータの系列名を選択することにより簡単に探すことができます。

  • 「統計GIS(地図で見る統計(jSTAT MAP))」のサムネイル画像

    地図で見る統計(jSTAT MAP)は、誰でも使える地理情報システムです。
    統計地図を作成する他に、利用者のニーズに沿った地域分析が可能となるようなさまざまな機能を提供しています。
    防災、施設整備、市場分析等、各種の詳細な計画立案に資する基本的な分析が簡単にできます。

  • 「RESAS:リーサス(経済産業省、内閣官房)」のサムネイル画像

    地域経済分析システム(RESAS:リーサス)は、産業構造や人口動態、人の流れなどの官民ビッグデータを集約し、可視化するシステムです。
    自治体職員の方や、地域の活性化に関心を持つ様々な分野の方によって、効果的な施策の立案・実行・検証のためなどに広く利用されています。

政府統計のポータルサイト

  • 「e-Stat(政府統計の総合窓口)」のサムネイル画像

    政府統計の総合窓口(e-Stat)は各府省等が公表する統計データを一つにまとめ、統計データを検索したり、地図上に表示できるなど、統計を利用する上で、たくさんの便利な機能を備えた政府統計のポータルサイトです。

  • 「miripo(ミクロデータ利用ポータルサイト)」のサムネイル画像

    ミクロデータ(統計調査の調査票情報)の提供及び活用の推進を目指したサイトです。これまで一元的に集約されていなかった、ミクロデータの利用に関する制度の概要や具体的な手続の他、各府省の利用可能なデータ一覧、ミクロデータの利用実績等をご覧いただくことができます。

学習コンテンツ

サイトマップ
ページ上部へ アンカーのアイコン画像