統計力向上サイト

menu open
話題の数字
 
No.5
1億2709万4745人

日本の人口

平成28年11月30日
 平成27年国勢調査による平成27(2015)年10月1日現在の日本の総人口は、1億2709万4745人です。
 前回調査の平成22年と比べ、96万2607人の減少となり、大正9年の調査開始以来、初めての人口減少となっています。
解説
吹き出し 顔
 5年ごとの人口増減率の推移をみると、昭和20年〜25年はいわゆる第1次ベビーブーム等により15.3%と高い増加率となりましたが、その後は出生率の低下に伴って増加幅が縮小し、30年〜35年には4.7%となりました。その後、第2次ベビーブームにより、昭和45年〜50年には7.0%と増加幅が拡大したものの、50年〜55年には4.6%と増加幅が再び縮小しました。そして、平成22年〜27年は0.8%減となっています。
 また、国際連合の推計による人口上位20か国の平成22年〜27年(2010年〜2015年)の人口増減率をみると、減少となっている国は日本のみです。日本の人口は、2048年には1億人を割って9913万1千人になると推計されており、人口減少過程に入っていることが伺えます。
 来年には、市区町村別の移動人口、就業状態、世帯構造等が順次公表されます。日本の人口及び世帯の実態がどのようになっているのか、今後も注目されます。
図 人口及び人口増減率の推移(大正9年〜平成27年)
表 世界の人口(2015年)上位20か国及び人口増減率(2010年〜2015年)

出典:国勢調査結果(総務省)データ

出典:将来推計人口(国立社会保障・人口問題研究所)データ

出典:World Population Prospects, The 2015 Revision(United Nations)※ただし、日本は国勢調査の結果による。データ

 

執筆担当

統計情報システム課統計情報企画室
吉田・西田

前へ 次へ

*本レポートの内容や意見は執筆者個人のものであり、必ずしも統計局の見解を示すものではありません。

facebook Tweet Google+