統計力向上サイト

menu open
話題の数字
 
No.1
1億407万人

18歳以上の日本人人口

平成28年7月22日
 今年7月10日に第24回参議院議員通常選挙が行われました。昨年6月に公職選挙法等の一部を改正する法律が成立し、選挙権年齢が満20歳以上から満18歳以上に引き下げられてから初めてとなる国政選挙です。
 平成27年国勢調査(抽出速報集計)結果によると18歳以上の日本人人口(平成27(2015)年10月1日現在)は、1億407万人です。
 前回調査の平成22年と比べ、55万4千人の減少となり、昭和50年以降、初めての減少となっています。
解説
吹き出し 顔
 18歳以上の日本人人口について、昭和50年以降の推移をみると、50年に7945万人だった人口は、平成12年には1億266万人と1億人を超えました。その後は出生率の低下に伴って若年人口が減少したことから増加幅が縮小し、平成27年には前回調査の22年と比べ0.53%減の1億407万人となり、昭和50年以降、初めての減少となりました。
 18歳及び19歳の人口について、昭和50年以降をみると、第2次ベビーブーム期(昭和46年〜49年)に生まれた人が18歳及び19歳になる平成2年が396万人と最も多く、27年(227万人)の約1.7倍となっています。
 また、今年7月10日の参議院議員通常選挙で初めて選挙権を得た18歳及び19歳の投票率(速報)は、19歳よりも18歳、男性よりも女性で高く、合計では45.45%でした。
18歳以上の日本人人口及び人口増減率の推移(昭和50年〜平成27年)
18歳及び19歳の投票率(速報)(第24回参議院議員通常選挙 平成28年)

出典:国勢調査結果(ただし、平成27年は抽出速報集計結果)(総務省統計局)データ

出典:第24回 参議院議員通常選挙年齢別投票者数調(18歳・19歳)(速報)(総務省自治行政局)データ

 

執筆担当

統計情報システム課統計情報企画室
吉田・西田

前へ 次へ

*本レポートの内容や意見は執筆者個人のものであり、必ずしも統計局の見解を示すものではありません。

facebook Tweet Google+