統計力向上サイト

menu open
話題の数字
 
No.5
18.4%

うなぎのかば焼きの年間支出に占める土用の丑の日の割合

平成27年7月28日
 7月24日は土用の丑の日でしたが、皆さん、うなぎは食べましたか。昨年の土用の丑の日の「うなぎのかば焼きへの支出」* は、1世帯当たり383円で、年間支出2,086円の約2割を占めていました。
* 外食は含みません。
解説
吹き出し 顔
 昨年7月の支出をみると、土用の丑の日(7月29日)が突出して多くなっていますが、その前後の1週間(7月24日〜7月30日)で、年間支出の30.4%、7月全体では45.0%を占めています。
 長期的にみると、稚魚の不漁などにより小売価格は上昇しています。一方、支出金額は減少し、この10年で小売価格は約2倍、支出金額は約2分の1となっています。購入世帯の割合も3分の1以下と、うなぎのかば焼きを購入する世帯が減っていることが分かります。
 もともとは、うなぎは“夏”が旬ではなく、あまり売れない時期でしたが、「丑の日にちなんで、“う”から始まる食べ物を食べると夏負けしない」という風習をもとに、平賀源内がうなぎを食べる風習を根付かせたという説が有名です。
 今年は土用の丑の日がもう1日、8月5日にあります。皆さんも夏バテ防止のためにうなぎを食べてみてはいかがでしょうか。
1世帯当たりうなぎのかば焼きへの日別支出(二人以上の世帯)
1世帯当たりうなぎのかば焼きへの年間支出(二人以上の世帯・全国)と 100g 当たり小売価格の推移(東京都区部)

出典:家計調査結果(総務省統計局)データ

出典:小売物価統計調査結果(総務省)データ

 

執筆担当

統計情報システム課統計情報企画室
永井・肝付

前へ 次へ

*本レポートの内容や意見は執筆者個人のものであり、必ずしも統計局の見解を示すものではありません。

facebook Tweet Google+