日本の統計の中核機関

  • ご意見・お問合せ
  • サイトマップ
  • 文字サイズ等の変更
  • English

ここから本文です。

2 実収入

 勤労者世帯の1世帯当たり実収入の都道府県間地域差を,全国平均を100とした指数の標準偏差(ばらつき)でみると,昭和34年の11.9から44年の7.0に縮小した後,49年の7.5,54年の7.2と低水準で推移したが,59年に9.0,平成元年に10.1と拡大した。その後,平成6年の9.1,11年の9.0と再び縮小し,16年は7.9とさらに縮小している。(表VI-3)

表VI-3 1か月平均実収入の標準偏差の推移(勤労者世帯)

表VI-3 1か月平均実収入の標準偏差の推移(勤労者世帯)

VI - 3 貯蓄・負債  へ

バック ホーム

ページの先頭へ戻る